紅葉ジャックバナー紅葉ジャックバナー 紅葉ジャックバナー
  1. Home
  2. 特集
  3. 【2020年最新版】この秋におすすめ!秋の絶品スイーツ特集

【2020年最新版】この秋におすすめ!秋の絶品スイーツ特集

秋ならではの食材を使った秋スイーツをチェック!

  • 情報掲載日:2020.11.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

やってきました食欲の秋♪
さつまいも、栗、かぼちゃなど、秋ならではの食材を使った美味しいスイーツはいかが?

肌寒い季節、温かい飲み物とあま~いスイーツで至福のひとときを過ごそう♪

【pathisserie N,atsuhiro(パティスリーエヌ.アツヒロ)/パティスリー/奈良市】

ヨーロッパ建築のような外観が可愛らしい『pathisserie N,atsuhiro』に秋限定かぼちゃスイーツが登場!

「かぼちゃモンブラン(460円+税)」はかぼちゃ本来の甘さと、生クリームの深いコクが合わさったクリームが最高。サクサクのパイ生地と合わせて食べてみて。

「かぼちゃプリン(380円+税)」もおすすめ!

【SOURIRE d'ANGE(スーリールダンジュ)/パティスリー/生駒市】

厳選された素材から生み出されるスイーツで、多くのファンを持つ『SOURIRE d'ANGE(スーリールダンジュ)』の秋限定の栗を使った絶品スイーツ。

「M・Cショコラ(659円・税込)」はケーキの中を開けると、マロングラッセがお目見え。
栗と相性のいいキャラメルソースがいいアクセントに。
マロンクリームにはラム酒とブランデーが入っており、味にインパクトが加わっている。

【music café Anges(ミュージックカフェアンジェス)/橿原市】

“音楽演奏家派遣事務所アンジェスミュージック”がプロデュースするカフェのおすすめ秋スイーツは「栗ろまん(台湾烏龍茶ポットサービス付)(1,540円・税込)」。

「まろんろまん」と読むこのスイーツは、自家製のアーモンドメレンゲ、無糖珈琲ゼリー、バニラジェラート、求肥等を土台に、老舗洋菓子銘店も愛用するフランス産マロングラッセペーストと生栗を合わせたあっさりしたモンブランで包んでいるこだわりの一品。

【Sweets cafe&bar 2.es(スイーツカフェアンドバーツーエス)/奈良市】

お酒を飲んだ後のシメに甘いものが食べたい人のために、
北海道や東京では"シメパフェ"が楽しめるお店。
もちろん、お昼もカフェとしてオープン。

「モンブラン風カシスマロンショコラパフェ(単品1,200円・税込、ドリンクセット1,540円・税込)」は、
マロンのやさしい甘さと、カシスの酸味の層が交わって飽きがこない構造に。

ねこ型のクッキーがとってもキュート!
食べるのがもったいなくなっちゃうかも?

【GLUTEN FREE is THE NEW BLACK(グルテンフリー イズ ザ ニュー ブラック)/奈良市】

2018年奈良市船橋商店街にオープンした、グルテンフリースイーツ専門のカフェ。
店名は「グルテンフリーが今のトレンド」という意味。

自身も小麦アレルギー持ちという店主の本山さんが
「アレルギーの人でも安心して食べられるスイーツを」との思いでオープン。
小麦、卵、乳製品不使用で、白砂糖もほとんど使っていない。

「紅イモタルト(600円・税込)」は、紅イモと、メープルシロップの甘さが魅力のタルト。

ラム酒が入った、少し大人な味。
紅イモペーストの上には、ヒマワリの種やジャスミンのドライフラワーが。

【infiorare(インフィオラーレ)/生駒郡平群町】

平群町の住宅街にあるパティスリー。
レンガやタイルが施された外観はまるでお菓子の家のよう。
どのスイーツを口にしても「この値段でこのクオリティ?!」と驚くこと間違いなし。

「栗のタルト(270円+税)」は、中を切ってみると、栗がゴロゴロ。
ふんわり生クリームと、栗の食感をしっかり味わって。

さくさく食感のタルトに隠れた、クレームダマンドと呼ばれるアーモンドクリームの中にも栗が練りこまれており、
最後まで栗の旨味を感じることができる。

【Sweets&Cafe あゆみ工房/橿原市】

見て幸せ、食べて幸せ。
そんなタルトがゲットできちゃうお店『あゆみ工房』。

店主の諸井さんはジュニア・ベジタブル&フルーツマイスターの資格を持ち、
できるかぎり生産者への元へ足を運び、食材を厳選。

そんな諸井さんの実家もみかん農家。
"生産者の気持ちがこもった素材をそのまま伝えるられるようなスイーツ作り"がモットーだ。

そんな諸井さんの手によって、おいしさを最大限に引き出されたタルトはどれも絶品!
今回は秋に楽しめるタルトをご紹介。

◇◇◇



関連記事

SNS