和食グルメ奈良県奈良市
2022/08/14 07:00
ぱーぷる

ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

奈良県奈良市の古い街並みが残る「ならまち」。
その一角にあるのが、今回ご紹介する『そうめん処 スルスル』。

店主の竹田さんは、神奈川県出身。
会社員として働いていたが、いつか自分の夢を持つことを目標に、調理師免許も取得していた。

数年前に一念発起して、長年夢を見ていたお店をスタートさせた。
このお店をオープンさせる前には、大阪のフレンチ料理店で2年ほど修業した経歴をもつ。


ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

「なんのお店を開くとは特に決めていなかったときに、はじめて桜井市で三輪そうめんを食べたんです。
そのおいしさに感動して、そうめん専門店を開こうと決めました。

そうめんは家で食べるものという認識が強いので、新しい調理法を試行錯誤して生まれたのが、看板メニューの鯛だしそうめんです。」

ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

鯛だしそうめん 1,000円(税込)


鯛のアラをじっくりと煮込んで作られる鯛だしに、秘伝の塩だれを加えたスープ。
そこに、桜井市三輪にある『勇製麺所』のそうめんを加えた一皿。

手のべそうめんは喉ごしがよく、歯ごたえがあるのが特徴的。
細い麺がスープによく絡み、鯛だしのやさしい味がからだを包んでくれる。

ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

鯛だしの他にも、めんつゆや鶏だしを使ったスープを試したが、鯛だしが特にしっくりきたそう。

こちらの「鯛だしそうめん」は、温かいもののみ。
暑い夏はついつい冷たいものばかりを口にしてしまうけれど、からだのことを考えると、ときには温かいものも食べて欲しい。

もうひとつの「鯛だしトマトそうめん」は、全粒粉そうめんを使っており、フレンチで腕を磨いた竹田さんだからこそ生み出せたメニュー。
「鯛だしそうめん」と「鯛だしトマトそうめん」の食べ比べセットもあるので、気になる方にはこちらがおすすめ。

ならまちでいただく鯛だしそうめん【そうめん処スルスル|奈良市】

そうめん処 スルスル

  • 住所/奈良県 奈良市元興寺町 19
  • 電話/0742-23-6435
  • 営業時間/ 【平日】11:00~15:30(L.O14:30) 【土日祝】11:00~15:30(L.O14:30)
    備考/※無くなり次第終了。※土日祝のみ予約優先。 ※〜8月31日は、平日も予約優先。
  • 定休日/月、火
    その他休業日/不定休
  • 駐車場/無(近隣に有料P有)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【新店】富雄川沿いに絶品鰻屋が登場!|うなぎ処 鰻天


  • 暑い夏でも食が進む!奈良名物が詰まったスペシャルセット【お食事処ゐざさ茶屋 夢風ひろば店|奈良市】


  • 【新店】近鉄奈良駅近くに創作和食居酒屋が登場!|一汁三菜 大銀醸


  • 【新店】「ねり天と瓦そばの店-味のかけ橋」がねり天専門店をオープン|NERITEN BAR 近鉄大和西大寺店


  • 【新店】奈良で新鮮魚を自慢の酒と一緒に|酒菜うおとも


  • 足湯しながら玄米ランチ♡心も体も癒やされるカフェ【茶の湯/奈良市】