その他
2022/04/09 17:00
ぱーぷる

東大寺・開眼供養の日

4月9日東大寺・開眼供養の日【奈良県的今日は何の日】

752年4月9日、奈良・東大寺の大仏が完成し開眼供養会が行われた。
開眼供養会とは、仏様の魂を入れ込む大切な儀式。
大仏の正式な名称は「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」と言い、聖武天皇の発願で745年(天平17年)より作成が開始した。

「奈良の大仏」と親しまれている、盧舎那仏坐像の座高は約15m、顔の長さ約5m、目の長さ約1mもり、前に立つと圧倒される大きさです。

これまでの度重なる被災により当初に制作された部分で現在まで残るのはほんの一部だそうです。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • まだ間に合う!起業家・堀江貴文さんが奈良市で講演!ホリエモンが語る地方創生とは?


  • 相撲館企画展「強豪力士展」開催【葛城市】


  • 【奈良市】2022年5月14日開催!『RVパーク平城京 朱雀門ひろば』で古都マルシェを楽しもう!


  • 4月22日はアースデイ!地球のことを考えよう!【奈良県的今日は何の日】


  • 4月21日弘法大師正御影供/大安寺【奈良県的今日は何の日】


  • 4月8日お釈迦様誕生の日【奈良県的今日は何の日】