1. Home
  2. グルメ
  3. 【みやけ 旧鴻池邸表屋/和菓子屋・カフェ/奈良市】風情あるロケーション…

【みやけ 旧鴻池邸表屋/和菓子屋・カフェ/奈良市】風情あるロケーションといちごスイーツで季節を楽しもう

  • 情報掲載日:2020.02.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

近鉄富雄駅より、徒歩約8分。
江戸時代の大阪の豪商の旧邸宅をカフェとして楽しめる『みやけ 旧鴻池邸表屋』。
四季折々の草花を眺めながら、甘味を味わえると話題のお店だ。

旬のいちごを和パフェで堪能

いちごパフェ(860円・税込)

大和郡山市の『佃農園』の甘く新鮮な「あすかルビー」や「古都華(ことか)」を贅沢に使用。

大阪の老舗あんこ屋が営むカフェでもある『みやけ 旧鴻池邸表屋』。
良質な豆を選りすぐり、豆本来の味を最大限に引き出せるよう研究を重ねられた絶品あんこ。
重量感がありながら上品で、あとを引く甘さだ。

その他にも、ミルクジェラート、白玉、パンナコッタ、どら焼きの皮、寒天、かき氷にも使用しているいちご蜜がたっぷり入っている。

スイーツ好きは見逃せない一品だ。

「ふわっとろ」新食感いちご大福

クリームいちご大福(265円・税込)

幅約6センチ、高さ約5センチと食べ応え抜群なサイズ。

濃厚生クリームと程よい甘さの粒あん、甘酸っぱいいちごをふわふわもちもちの求肥が包む。
求肥と生クリームが織りなす、ふわとろ食感は、一度食べると忘れられなくなる。

寒い冬は、これがあるから越えられる。
そんなことを思わせてくれる、絶品いちご大福だ。

粒あんの他に、白あんと抹茶を合わせた抹茶あんも。
大福はテイクアウトのみ。
数に限りがあるので、予約がベター。

カフェだけでなく、和菓子の販売もしている『みやけ 旧鴻池邸表屋』。
どら焼きやくずアイスはお土産にもぴったり。
4月末から大人気のかき氷も提供開始予定とのこと。

旬の味を『みやけ 旧鴻池邸表屋』で味わいにお出かけしてみて。

Information

みやけ 旧鴻池邸表屋(きゅうこうのいけていおもてや)
住所
奈良市鳥見町1-5-1
電話番号
0742-51-3008
営業時間
〈3月〜11月〉10:00〜18:00(L.O.17:00)
〈12月〜2月〉10:00〜17:30(L.O.17:00)
休み
日曜
席数
座敷100席(2F含む)
駐車場
40台
リンク
みやけ 旧鴻池邸表屋
アクセス
アクセス/近鉄富雄駅より、徒歩約8分

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS