バスケット
2024/02/22 12:00
バンビシャス奈良

【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利

2024年2月17日、18日、バンビシャス奈良はロートアリーナ奈良で新潟アルビレックスBBと対戦。

17日は、94-97で敗れたが、18日は95-75で勝利した。


バンビシャス奈良 94-97 新潟アルビレックスBB(2024年2月17日)

【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利

©Bリーグ

1Q、シェイク・ムボジ選手からアシストパスを受けた笠井康平選手の得点で、奈良が先制。その後は、キャメロン・ジャクソン選手が本多純平選手のコーナースリーをアシストすると、今度は自ら仕掛けて3点プレーを成功させる。しかし、その後は新潟に連続得点を許してしまい、26-30で最初のクォーターを終える。

2Q、古牧昌也選手が自身の得点でこのクォーター最初の得点をあげると、その後はムボジ選手の得点、さらに柳川幹也選手3Pシュートをアシスト。中盤以降は、ジャクソン選手の連続得点で同点に追いつくと、終盤にはシャキール・ハインズ選手の得点でリードし、51-49でハーフタイムへ。

3Q、序盤、新潟に3Pシュートを2本許してしまい、逆転されてしまう。しかし、ハインズ選手の3Pシュートや、ファストブレイクからムボジ選手がダンクでフィニッシュ。さらに林瑛司選手の3Pシュートで同点に追いつくと、古牧選手がバスケットカウントを得て3点プレーを成功し逆転。最後は新潟に3Pシュートで再び逆転を許してしまうも、72-73と1点差で最終クォーターを迎える。

4Q、新潟のステイシー・デイヴィス選手にこのクォーターだけで16得点をあげられるなど、最大12点差まで離されてしまう。しかし、終盤に追い上げを見せた奈良は残り3秒で3点差まで迫る。その時点で、新潟のポゼッションだったが、石井峻平選手がスティールに成功。同点を狙って3Pシュートを放つも、シュートはリングにはじかれ、94-97で惜しくも敗れる。

【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利

©Bリーグ

小野秀二HCコメント


「今日は失点が非常に多く、我々の試合のスコアではありませんでした。もちろん、相手にポイントゲッターがいて、彼を1対1やチームで守りきれなかったというのはあります。ですが、今我々が負けている間多くなっているターンオーバーからの失点が、今日も20点ありました。僕としてはこの部分が非常に残念です。明日は、もう少し落ち着いて、状況判断良くオフェンスできるようにします。」

キャメロン・ジャクソン選手コメント


「なんとかしてチームで勝利したかったのですが、勝つことができなくて残念です。オフェンスではパスをまわしていいショットをクリエイトできていたと思います。ですが、ディフェンスを機能させることができず、点の取り合いになってしまって、結果負けたことが非常に残念です。」

バンビシャス奈良 63-76 愛媛オレンジバイキングス(2024年2月10日)

【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利

©Bリーグ

1Q、本多選手のパスを受けた林選手が、トップの位置から3Pシュートを決めて先制。続いて、笠井選手がスティールからの速攻を仕掛けると、追走したハインズ選手が笠井選手からのパスを受けてボースハンドダンクでフィニッシュ。ハインズ選手はその後も、3Pシュートからバスケットカウントを得て4点プレーを成功させるなど、このクォーターで早くも3Pシュート3本を含む14得点をあげる活躍を見せ、奈良の攻撃を牽引。28-20でリードして終える。

2Q、石井選手の3Pシュートなどで序盤はリードを保つも、新潟の連続得点で逆転を許してしまう。笠井選手の3Pシュートで同点に戻すも、その後は競った展開となり、43-45と2点差でハーフタイムを迎える。

3Q、ムボジ選手がインサイドで躍動。ゴール下で得点を重ねるだけでなく、本多選手へアシストやブロックショットなど、攻守にわたって貢献。終盤、そのムボジ選手と代わったジャクソン選手もインサイドで得点を重ね、70-63と再びリードして最終クォーターへ。

4Q、ハードなディフェンスを仕掛け、新潟のフィールドゴール成功率を30%以下に抑える。ハインズ選手はこのクォーターでも12得点をあげ、今季最多となる31得点の活躍で奈良の攻撃を牽引。95-75で快勝し、連敗をストップする2024年ホーム初勝利となった。

【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利

©Bリーグ

小野秀二HCコメント


「今日は選手みんなが集中して、とくにディフェンスにフォーカスしてくれたと思います。相手にはいいショットを打たせず、我々はオフェンスをしっかりとコントロールして、ターンオーバーも一桁。ミスからの失点も少なかった。選手たちが、我々のバスケットを思い出してくれたゲームになったと思います。」

シャキール・ハインズ選手コメント


「試合序盤からすごく気持ちの入ったディフェンスをすることができて、相手のやりたいことを防ぐことができました。この点差での勝利というのは、自分たちが小野さんのやりたいバスケを、いい形で遂行できたということなので、とても嬉しく思います。」

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【バンビシャス奈良】「第2の人生」も発表!奈良県香芝市出身の藤髙宗一郎選手の引退セレモニーの模様をお届け


  • 【バンビシャス奈良】奈良県香芝市出身の藤髙宗一郎選手が5人制バスケを引退


  • 【バンビシャス奈良】ムボジが離脱も神戸との関西対決を奈良が制す


  • 【天理大学バスケットボール部】ユニフォームに「企業名」を掲載できるチャンス!協賛企業を募集中


  • チームスローガンは「ハワイ語」で「Holo I Mua(ホロイムア)」 「奈良グレートブッダーズ 2024 シーズン 新体制発表会」の模様をお届け


  • 【バンビシャス奈良】西地区1位の滋賀に悔しい連敗