サッカー
2023/11/19 12:30
ぱーぷる編集部

【奈良クラブ】ロスタイムに逆転で劇的勝利

【奈良クラブ】ロスタイムに逆転で劇的勝利

ⓒNARA CLUB

2023年11月18日(土)、奈良県にホームを置くサッカーJ3の奈良クラブはホームでSC相模原と対戦し、2-1で勝利した。


逆転勝利

【奈良クラブ】ロスタイムに逆転で劇的勝利

ⓒNARA CLUB

奈良は14分に先制されてしまう。
しかし奈良は68分、酒井達磨選手のシュートが一度は弾かれるが、こぼれ球をもうひと蹴りし同点ゴール。

諦めない奈良は後半ロスタイム、生駒稀生選手のクロスに抜け出した西田恵選手が逆転のゴールを入れて勝負あり。
2-1で勝利した。

フリアン監督コメント

「スペインではサッカーのことを『キング・オブ・スポーツ』と呼びます。そう呼ばれるのは今日のような人の心を動かしたり感動を生むような試合があるが故です。
西田恵選手の活躍、本当に嬉しいです。彼はチームに対してシーズン中ずっと力となり頑張ってきてくれた選手なので、今日のようなことは必然であったと思います。ゴールはもちろん、その前のプレーも(ポストにあたってゴールこそ外れてしまったが)努力が実を結んだ。本当にうれしいです。
また奈良のファン・サポーターのみなさんに長らくこのような喜びに満ちた試合(勝利)をプレゼント出来ていなかったので本当に嬉しく感じています。
もう1選手。生駒稀生選手にの活躍も嬉しく思っています。彼は夏に期限付き移籍で奈良クラブに加わり今節で出場試合数は11試合。もともとプレーしていたセンターバックから現在はサイドバックとしてプレーしているが我々のアイデアであるクロスをあげていく、ということが彼の頭の中には入っている。そのようなプレーが多くなっていますし、2点目のゴールも彼のクロスからだったと思います。
今日の試合内容をまとめますと、まるで今日の天候のようだったと思います。雨が降り寒くてつらい朝でしたが、次第に晴れた。前半は良いとは言えない内容でしたが、後半は我々がやりたいことが出来た試合でした。後半に関しては攻守の面でセカンドボール拾う回数や、選手間のコンビネーションがつながった。前半良くなかった原因は高さを変えることができなかったことだと思います。
最後に、シーズンはあと2試合残っていますが、素晴らしいシーズンを送れていると思います。クラブにはプレーを希望する選手が増えていますし、注目を浴びるようになっていると思います。その部分でもいまこのようなシーズンを送れていること、クラブにとってもサポーターにとっても良いことだと思います。」(奈良クラブnoteより)

次節は11月26日(日)にホームでガイナーレ鳥取と対戦。
ホーム最終戦だけに今回の勝利を勢いに勝ち点3をゲットしたいところ。
熱い戦いから目が離せない。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 「直線王にオレはなる!」 奈良クラブが「平城宮跡歴史公園・朱雀門前」で「ちびっこのりだーFIRST STAGE CUP ストレートダッシュ選手権」を開催


  • 現役時代は「セレッソ大阪」などで活躍したコーチが指導 サッカースクール『DAY FOOTBALL SCHOOL(デイフットボールスクール)奈良校』で生徒募集中


  • 【奈良クラブ】百田が今シーズン4ゴール目を決めるもチームは敗戦


  • 【奈良クラブ】幸先よく先制するも逆転負け


  • 【バンディード生駒】「U-19韓国代表」チェ・セユンを獲得


  • 【奈良クラブ】一時は逆転するも「最後の最後」に追いつかれ痛い引き分け