バスケット
2023/11/21 11:00
ぱーぷる編集部(永野)

奈良県斑鳩町で3人制バスケットボールプロチーム『Nara Great Buddhers(奈良グレートブッダーズ)』のシーズン終了報告会が行われる。

奈良県斑鳩町で3人制バスケットボールプロチーム「Nara Great Buddhers(奈良グレートブッダーズ)」のシーズン終了報告会が行われる。

2023年11月13日、奈良県初の3人制バスケットボールプロチーム『Nara Great Buddhers(奈良グレートブッダーズ)』の代表、選手が奈良県斑鳩町役場を訪れ、「奈良グレートブッダーズ シーズン終了報告会」を行った。


報告の様子

今シーズンは「3×3 UNITED(スリーエックススリー ユナイテッド)」のリーグに準レギュラーとして参戦。

来年からはレギュラーとして参戦していく予定。

奈良県斑鳩町で3人制バスケットボールプロチーム「Nara Great Buddhers(奈良グレートブッダーズ)」のシーズン終了報告会が行われる。

会見で中野代表は
「今シーズンいろんな場所で試合・大会をさせていただきました。遠征では京都や愛知、広島なども行かせていただき、結果も残すことができました。来年1月からの大会では良い流れでやっていきたいです。奈良県代表として、それを勝ち抜いて2月の東京である本選、それに優勝すれば世界大会への出場権がもらえるので、3人制バスケというものを奈良でも盛り上げていけたらと思います。来シーズンはいい形で迎えられるように頑張っていこうという気持ちです。」

奈良県斑鳩町で3人制バスケットボールプロチーム「Nara Great Buddhers(奈良グレートブッダーズ)」のシーズン終了報告会が行われる。

斑鳩町の中西町長は
「今後の活躍をイベントなどで、さらに知ってもらえるようになると良いですね。」
と励ましのエールを送った。

来年は、1月に全日本選手権(中日本大会)に出場し、4月から『3X3UNITED』が開幕。

Nara Great Buddhersの活躍から目が離せない。

「3x3バスケットボール 」とは?

1チームにつきプレイヤーは3人のバスケットボール。
人数が少なくても世界を目指して楽しめるのがいいところ。

5人制バスケットとルールが違うところがあり、選手は全てのポジションを担う。

ボールの重さは同じでサイズは小さく、色はカラフルで茶色ではないのが特徴。
大会によってボールのメーカーや種類が変わる。
試合の度に違う種類のボールを使うのも、楽しみのひとつ。

『Nara Great Buddhers』の活動


『Nara Great Buddhers』の選手たちは、仕事をしながら活動している。

練習は基本、実践練習。
仕事が終わってから、バスケットの練習が始まる。

限られた練習時間をどう使うかが重要で、夜は22時から練習が開始されることも。

楽しみながら努力し、真剣に取り組んでいる様子が伝わる。

現在のメンバーは約14名。
ただし、試合に参加できるのは4名。

昨シーズンは『3×3 UNITED』というリーグに準レギュラーとして参戦。
今シーズンは16チーム、準レギュラーを入れて18チームのリーグだ。

来シーズンからは東北から九州まで、およそ30チームと増える予定。

中野代表のメッセージ

「『Nara Great Buddhers』の強みは運動量が豊富な体力。また、スピードがあるので強みを生かして頑張っております。技やスキルなど個々のレベルを上げて、これからも戦っていけるように頑張っていきたいです。また、今後は子どもたちに知ってもらうため、バスケット教室など行い、3人制バスケットに興味を持ってもらえれば嬉しい」
と語ってくれた。

三浦尚希選手のメッセージ

「レギュラーチームに昇格したので選手としては嬉しいことですし、これから強いチームと戦っていくことは楽しみでもあります。我々はしっかり練習もやってるので、その実力を発揮して勝っていけるようにしていきます。」と意気込みを話した。

今後、奈良から活躍していく姿を楽しみに応援していきたい。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【バンビシャス奈良】プレーオフ圏内の神戸との対戦は1勝1敗で終える


  • 【バンビシャス奈良】連敗を止める2024年ホーム初勝利


  • 【バンビシャス奈良】アウェーの地で連敗を止めることはできず


  • 【バンビシャス奈良】連敗ストップまであと一歩届かず


  • 【バンビシャス奈良】平日開催のホームゲームはプレーオフにむけて痛い敗戦に


  • 【バンビシャス奈良】首位アルティーリ千葉にあと1歩届かず