自然・景勝地・夜景おでかけ奈良市
2023/10/27 07:00
ぱーぷる編集部(田村)

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

奈良県奈良市の中心部にある『依水園』は東大寺と興福寺の間に位置していながらも周りから隔絶され、静謐を保つ美しい日本庭園。国の文化財として名勝に指定されている。

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

奈良を代表する池泉回遊式庭園で、江戸前期の「前園」、明治期の「後園」と、二つの時代の様式で造られた景観を楽しむことができる。

どちらの庭園も四季を通して見ごたえがあるが、紅葉の時期の美しさは格別。

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

入口のすぐ右手に位置する「前園」は、周りから隔絶されたつくりの空間。
水音さえ聞くことのできる静けさと、鮮やかに色づいたイロハモミジの取り合わせは、江戸文化人の卓越した美的感覚を今に伝えてくれる。

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

「後園」は、若草山、春日奥山、隣接する東大寺南大門を借景とし、池に映る花木や、はるかに広がる空までも取り込んだ開放的な空間。
美しく色づいたドウダンツツジやイロハモミジが池に映り込む光景は見ものだ。

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

今年の紅葉の見頃もおよそ例年通りで、ドウダンツツジの紅葉見頃は10月末~11月中旬頃、イロハモミジの紅葉見頃は11月初旬~12月初旬頃となっている。

前園内の「三秀亭(さんしゅうてい)」では美しい庭園を眺めながら食事や抹茶をいただくこともできる。

静かでゆったりとした時が流れる『名勝 依水園』で、美しい日本の美に酔いしれる1日を過ごしてみてはいかが。

紅葉の見頃予想


10月下旬~12月初旬

寧楽美術館では企画展や特別陳列も開催


園内に併設されている「寧楽(ねいらく)美術館」では、2023年12月24日(日)までの期間、企画展『「やきもの用語実見展」 虫喰い、口紅ってなんだろう?』を開催中。

やきものの製作技法や見どころに関する用語を、実際の事例とともに紹介する面白い企画展。やきものの奥深い世界にはまってしまうかも。

【奈良の紅葉2023】静寂に包まれた二種の日本庭園に色づく「依水園」の紅葉の美|奈良市

青花魚介文鮑形鉢(古染付)  景徳鎮窯 個人蔵 中国・明時代 17世紀

虫喰い、口紅って?「やきもの用語」を知るとやきもの観賞がさらに楽しく!【寧楽美術館|奈良市】

また、重要文化財の田能村竹田筆『亦復一楽帖(またまたいちらくじょう)』(全十三図)の第六図「風雨夕掩門」 を2023年11月1日(水)~16日(木)の期間で公開。

紅葉とともに、日本の文化や芸術を堪能しよう。

入園料


(寧楽美術館含む)一般 1,200 円、高校生・大学生 500 円、小・中学生 300 円

駐車場とアクセス情報


<駐車場>


<アクセス>
近鉄奈良駅より、徒歩約15分(東大寺西隣)

名勝依水園(めいしょういすいえん)・寧楽美術館(ねいらくびじゅつかん)

  • 住所/奈良県 奈良市 水門町74
  • 電話/0742-25-0781
  • 営業時間/ 9:30~16:30
    備考/入園は16:00まで
  • 定休日/火
    その他休業日/火曜日が祝日または休日の場合は開園し、翌平日に休園
  • 駐車場/なし
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【奈良イルミネーション2023】奈良の冬を彩るイルミネーション8選


  • 【奈良の紅葉2023】野生のシカと鮮やかな紅葉や黄葉に心がなごむ秋の奈良公園|奈良市


  • 【奈良の秋の花2023】藤原宮跡の秋の風物詩!一面に広がる300万本のコスモス|橿原市


  • 【奈良の秋の花2023】15種類、約15万本ものコスモスが咲き乱れる「コスモス寺」こと般若寺|奈良市


  • 暑さに負けず楽しもう!奈良の夏休みイベントまとめ【2023年】


  • 雨の季節も楽しく♪奈良でおすすめのあじさいスポットまとめ【2023年】