奈良県生駒市
2023/10/18 07:00
ぱーぷる編集部

【新刊】奈良県の「生駒山上遊園地」に現存する「最古の遊具・飛行塔」が話す歴史ファンタジー 『100年見つめてきました』が11月15日に発売

【新刊】奈良県の「生駒山上遊園地」に現存する「最古の遊具」 「飛行塔」が主人公の絵本 「100年見つめてきました」が11月15日に発売

2023年11月15日(水)に奈良県生駒市にある『生駒山上遊園』の飛行塔を主人公にした物語、『100年見つめてきました(吉野万理子:作、川上和生:絵)』が発売される。

あらすじ

奈良県生駒市の生駒山上遊園地の現存する最古の遊具「飛行塔」が話す、「戦争と子ども」歴史ファンタジー。

戦争中に、飛行塔部分をもぎとられ「金属回収」されてしまう。

「戦争とは何か」を考え、その後、高度経済成長期の変わる日本を見届け、令和の子どもたちにあたたかい声をかけている。

長い年月の間、高い山のてっぺんから、昭和・平成・令和とこどもの笑顔と涙を見てきた飛行塔の物語。

なお、生駒市内5か所の図書館(生駒市図書館、図書館北分館、図書館南分館、生駒駅前図書室、鹿ノ台ふれあいホール図書室)に1冊ずつ献本される予定。

ー紀伊国屋書店 横浜店 花田優子さん
「『被害者』『加害者』ではなく『第三者視点』で描かれる戦争童話は、子どもたちに客観的に戦争について考える力を与えてくれます。」

【新刊】奈良県の「生駒山上遊園地」に現存する「最古の遊具」 「飛行塔」が主人公の絵本 「100年見つめてきました」が11月15日に発売

『100年見つめてきました(吉野万理子:作、川上和生:絵)』巻末解説ページより引用

作者・画家プロフィール

吉野万理子 (よしの・まりこ):作


神奈川県出身。

作家、脚本家。児童書の作品に、『チームふたり』をはじめとする「チーム」シリーズ(学研プラス)や、『5年1組ひみつだよ』(静山社)などがある。

2012年『劇団6年2組』、2015年『ひみつの校庭』(ともに学研プラス)で、うつのみやこども賞を二度受賞。

川上和生(かわかみ・かずお):絵


北海道生まれ。

絵本『ながいながい骨の旅』(文・松田素子)で2019年度児童福祉文化賞受賞。

東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。

関連動画

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【奈良県のレア・定番日本酒】定番は「旨味、コク、香り」の三拍子が揃った「歓喜光」【澤田酒造株式会社(さわだしゅぞうかぶしきがいしゃ)】


  • 【奈良のレア・定番日本酒】吉野の地酒「やたがらす」に新シリーズ登場。杯を重ねるほどに美味い酒【北岡本店(きたおかほんてん)】


  • 【奈良のレア・定番日本酒】JALの国際ファーストクラスにも採用された「睡龍」の生酛純米吟醸【久保本家酒造株式会社(くぼほんけしゅぞうかぶしきがいしゃ)】


  • 【奈良のレア・定番日本酒】フレッシュでフルーティ!無濾過ならではの味わいを楽しめる「出世男」のレア酒【河合酒造株式会社(かわいしゅぞうかぶしきがいしゃ)】


  • 【奈良のレア・定番日本酒】オルニチン酵母で仕込んだ「往馬」の独特な味わいがクセになる!【菊司醸造株式会社(きくつかさじょうぞうかぶしきがいしゃ)】


  • 【奈良のレア・定番日本酒】レア酒は「2009年に醸造した古酒」 定番は「世界10数ヵ国で愛飲されている酒」【春鹿|株式会社今西清兵衛商店(いまにしせいべいしょうてん)】