宿・ホテル・旅館
2023/09/14 17:00
ぱーぷる編集部

国の重要文化財「旧奈良監獄」を活用した「監獄ホテル」 ブランドは「星のや」に決定|奈良市

国の重要文化財「旧奈良監獄」を活用した「監獄ホテル」 ブランドは「星のや」に決定|奈良市

「旧奈良監獄」を活用した監獄ホテルのブランドが「星のや」に決定した。
2026年春にオープンする予定。


「旧奈良監獄」について

「旧奈良監獄」は、明治政府が監獄の国際標準化を目指して計画し、明治41年に完成した、五大監獄のひとつ。

赤れんが造りの建物について、歴史的価値が高く意匠的にも優れた近代建築であるとして、平成29年2月に国の重要文化財として指定された。

明治政府が国の威信をかけて取り組んだ監獄の近代化によって建てらた秀麗なれんが建築には、明治政府の不平等条約解消への悲願と建築技術が集結されている。

元収容棟は、ハビランド・システムと呼ばれた建築が取り入れられ、看守が立つ監視所を全体の中心に据え、複数の収容棟が放射状に伸びる、今⽇に至る⽇本の「近代監獄」を象徴する収容棟だ。

施設概要

●施設名称
星のや奈良監獄

●所在地
奈良県奈良市般若寺町(はんにゃじちょう)18

●建築面積
星のや奈良監獄:6,226㎡
ミュージアム(仮名称):1,762㎡

●延床面積
星のや奈良監獄:10,343㎡
ミュージアム(仮名称):2,168㎡

●敷地面積
100,478.80㎡(付帯のミュージアムを含む)

●客室数
48室

●付帯施設
レストラン、ラウンジ、ミュージアム(ミュージアムは、日帰り利用可能)

●ホテル計画
東環境・建築研究所

●ランドスケープデザイン
オンサイト計画設計事務所

●開業時期
2026年春(予定)

『星のや』について

国の重要文化財「旧奈良監獄」を活用した「監獄ホテル」 ブランドは「星のや」に決定|奈良市

写真:星のや竹富島

「夢中になるという休息」をコンセプトに、施設ごとの独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。

国内外に展開する各施設は、その土地の風土、歴史、文化などの本質を識る喜びを滞在に織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放つ。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【宿泊券プレゼント2024】奈良県で人気のホテル・旅館に無料ご招待!今すぐ応募しよう!


  • 【ANDO HOTEL 奈良若草山】「リゾート感満載」のリニューアル!露天風呂付きスイートやサウナ、絶景プールも【奈良のラグジュアリーホテル特集2024】


  • 【入之波温泉山鳩湯】源泉100%掛け流しの「奥吉野」の名湯が自慢の宿【奈良のホテル・旅館特集2024】


  • 【ホテルのせ川】本州で一番人口の少ない村に佇む秘境の温泉宿【奈良のホテル・旅館特集2024】


  • 【西村邸】「奈良町」でゆっくりと旅を満喫!築100年の町家宿【奈良の古民家宿】


  • 「和」がテーマの料理とビールがベストマッチ!『奈良ホテル』のテラスで楽しむ最高の夏