野球
2023/08/07 17:19
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

【高校野球夏2023】谷口選手の「サヨナラスクイズ」で初戦突破 奈良県代表の智辯学園が苦しみながらも勝利をもぎ取る

【高校野球夏2023】谷口選手の「サヨナラスクイズ」で初戦突破 奈良県代表の智辯学園が苦しみながらも勝利をもぎ取る

智辯学園・奈良県大会(奈良県大会時)

2023年8月7日(月)、夏の甲子園(第105回全国高校野球選手権記念大会)の第3試合、奈良県代表の智辯学園は香川県代表の英明と対戦。
10回に谷口志琉選手のサヨナラスクイズで7-6で勝利した。


苦しみながらも初戦突破

【高校野球夏2023】谷口選手の「サヨナラスクイズ」で初戦突破 奈良県代表の智辯学園が苦しみながらも勝利をもぎ取る

智辯学園・中山優月投手(奈良県大会時)

智辯学園は2回に1点を先制されるが、その裏にノーアウト1塁から川原崎太一選手のタイムリーですぐさま同点に。
智辯学園は攻撃の手を緩めず、1アウト1、3塁から高良鷹二郎主将の犠牲フライで逆転に成功する。

しかし3回に2点を取られて再び逆転され2-3。

智辯学園は4回、ノーアウト満塁から西川煌太選手のタイムリーで同点に。
続く松本大輝選手は三振に倒れるも、山家拓人選手の犠牲フライで再び逆転に成功。

しかし5回に、3点を追加され、再度逆転され4-6とされる。

諦めない智辯学園は8回に相手のパスボールで5-6とすると、9回に1アウト満塁から松本大輝選手がしっかりと球を見極めて押し出しのフォアボールで6-6の同点。
続く山家選手は三振、中山優月選手はライトフライに倒れて延長戦へ。

10回タイブレーク、途中からマウンドに上がった中山投手がしっかり三者凡退に抑えると、10回先頭の池下春道選手が送りバントで1アウト2、3塁。
このチャンスで谷口志琉選手がスクイズを成功させサヨナラ勝ち。

7-6で2年ぶりの初戦突破を決めた。

関連記事)【高校野球夏2023】「2年前の決勝戦を観た意外な場所とは?」など 奈良県代表の智辯学園・高良主将インタビュー【動画あり】

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【写真あり】【インタビューあり】智辯学園、天理を破り準決勝進出!知花主将「春のリベンジができてよかった」【高校野球奈良大会2024】


  • 【高校野球奈良大会2024】郡山、コールド勝ちで準決勝進出!大和広陵は惜しくも敗れる【写真あり】


  • 【写真あり】高田商業、御所実業を5回コールドで撃破! 藤井拓海、林田大輝の活躍で準決勝進出!【高校野球奈良大会2024】


  • 【高校野球奈良大会2024】山野が完投!奈良大附が奈良に2-1で勝利【写真あり】


  • 【高校野球奈良県大会2024】夏の甲子園の切符を勝ち取るのは?「試合結果」「スケジュール」「チケット購入方法」をお届け


  • 【高校野球奈良大会2024】今年の春の王者「天理」、選手宣誓を行った北山主将の「高田」など 「奈良県全出場校入場行進」の模様をお届け【Part3】