野球
2023/05/09 20:01
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【春季大会奈良予選2023】

2023年5月9日「令和5年度春季近畿地区高等学校野球大会奈良県予選準決勝」が行われ、第2試合で天理高校が橿原高校相手に9-2(8回コールド)で勝利した。


【春季大会奈良予選2023】決勝は「智辯学園対天理高校」 試合結果・今後のスケジュールをご紹介【高校野球】

天理高校はキャプテンが大活躍

【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【高校野球春季大会奈良予選2023】

橿原高校・山本凌平選手

橿原高校は3回、ノーアウト満塁から3番山本凌平選手のゲッツーの間に1点を先制。
なおも、2アウト1、3塁のチャンスを作ると、5番志摩大誠選手の三遊間を抜けるタイムリーで2-0とリードする。

天理はその裏、ランナー1人置いて、1番キャプテンの下林勇希選手ホームランで同点に追いつく。
天理は攻撃の手を緩めず、4番松本大和選手のエンタイトルツーベース、5番大谷汰一選手の犠牲フライで4-2とこの回で逆転。

天理は4回にも追加点を挙げ、5-2。

5回、橿原高校は2アウト2塁のピンチを迎える。
次の1点が致命傷になりかねない場面で、天理の7番冨田祥太郎選手のライト前ヒットを、橿原高校のライト吉岡一輝選手がバックホームに好返球しタッチアウト。ピンチを脱する。

しかし、8回天理は下林選手の走者一掃のツーベースなどで4点をあげコールド勝ち。

3年連続38回目の決勝進出を決めた。

【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【高校野球春季大会奈良予選2023】 【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【高校野球春季大会奈良予選2023】

天理高校・下林勇希キャプテン

【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【高校野球春季大会奈良予選2023】

橿原高校・吉岡一輝選手の好返球を受けてホームを守る加川太希選手

【写真あり】天理高校が逆転勝ち 3年連続の決勝に進出【高校野球春季大会奈良予選2023】

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【春季大会奈良予選2024】天理が13年ぶりに春を制する【高校野球】


  • 3位は橿原学院!11-6で郡山をやぶる【高校野球春季奈良大会】


  • 【写真あり】天理が橿原を圧倒!「18-6」で奈良の春を制する【高校野球春季奈良大会】


  • 【写真あり】キャプテン松本選手が決めた!天理が郡山にコールド勝ち【高校野球春季奈良大会】


  • 【写真あり】「橿原対決」を制したのは?【高校野球春季奈良大会】


  • 【参加者特典あり】30名限定!中学生が対象!「野球のスイングスピードアップ講座」イベントを開催【Athleteworks(アスリートワークス)|奈良県三郷町】