神社・仏閣奈良県吉野町
2022/11/12 07:00
ぱーぷる

数々の歴史の舞台となった由緒ある神社から望む紅葉【紅葉2022|吉水神社|吉野町】

<見頃予想>11月上旬~11月下旬


春の桜、秋の紅葉で知られる吉野山。
数ある絶景ポイントの中でも、「一目千本(ひとめせんぼん)」と呼ばれる『吉水神社』(吉の字は口の上に土かんむり)の境内からの眺めは有名。

数々の歴史の舞台となった由緒ある神社から望む紅葉【紅葉2022|吉水神社|吉野町】

桜の時期の「一目千本」の眺め


「一目千本」とは、一目で千本の桜を眺めることができるという意味で、その名の通り吉水神社の境内からは中千本と上千本の山桜を一望することができる。実際に目前に広がる桜は千本どころではないという。

秋にはその桜が紅葉し、春とはまた違う味わい深い絶景を楽しむことができる。

また、参道や境内を彩る鮮やかなモミジの紅葉も見事。

11月1日(火)~11月30日(水)の期間中、吉水神社参道がライトアップされるので、夕刻過ぎの散策もおすすめだ。

数々の歴史の舞台となった由緒ある神社から望む紅葉【紅葉2022|吉水神社|吉野町】

吉水神社参道の紅葉

数々の歴史的逸話とゆかりの宝物も見どころ


吉水神社は元は『吉水院』といい、修験宗の僧坊であったが、南北朝時代の天皇「後醍醐天皇」が南朝の皇居としたことから、明治時代の神仏分離によって神社となった。

また、源義経が静御前と弁慶と共に身を隠したことや、豊臣秀吉がここを本陣とし盛大な花見を行ったことでも知られている。

数々の歴史の舞台となった由緒ある神社から望む紅葉【紅葉2022|吉水神社|吉野町】

吉水神社にある書院は、日本住宅建築史上最古の書院として、世界遺産にも登録されている。

建物自体が貴重な文化財でもあるこの書院には、義経や秀吉、後醍醐天皇がここで過ごしたことが肌で感じられる数々の宝物や、そのほか名だたる歴史上の人物ゆかりのたくさんの貴重な文化財が展示されており、なんと撮影自由。歴史好きにはたまらないスポットだ。

この秋は、『吉水神社』で紅葉と歴史のロマンに浸ろう。

吉水神社

  • 住所/奈良県 吉野郡吉野町 吉野山579
  • 電話/0746-32-3024
  • 営業時間/開門9:00 閉門17:00 ※受付~16:30
  • 定休日/無
  • 駐車場/有
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】


  • 奈良の寺社と紅葉が織りなす日本の美を堪能しよう!【紅葉特集2022|寺社編】


  • 世界遺産の紅葉を楽しもう!【紅葉特集2022|吉野山編】


  • 「恋愛運UP」のパワースポット!ハートマークが至る所にある奈良県の神社【吉野神宮|吉野町】


  • 桜だけじゃない!源義経・後醍醐天皇・豊臣秀吉ゆかりの地【吉水神社|吉野町】


  • 4月11日は春の吉野山がもっともにぎわう日!蔵王堂花供懺法会【奈良県的今日は何の日】