美術館明日香村アート
2022/10/29 07:00
ぱーぷる

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

2022年10月15日(土)~11月27日(日)


奈良県高市郡明日香村の『奈良県立万葉文化館』にて、特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」を開催。

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

「長谷寺縁起」巻三第九段(部分)奈良 長谷寺蔵


奈良県桜井市初瀬は『万葉集』に「隠口(こもりく)の」の枕詞を冠してよばれた「泊瀬(はつせ)」にあたり、「こもりく」とは周りを山々に囲まれた隠れた土地の意で、古来神々が鎮まる神聖な地とされてきた。

「花の御寺」としても名高い長谷寺は、奈良時代にこの地で創建され、十一面観音信仰を基盤として、中世にかけて春日信仰や伊勢信仰と深く結びつき、発展を遂げてきた。また、長谷寺と初瀬川を挟んだ対岸には初瀬の町を守護する「与喜の神」を祀る與喜天満神社があり、天神信仰との結びつきも知られている。

このように、初瀬地域は神々が鎮まる霊場という地理的役割を素地として、独自の信仰世界を築いてきた。

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

「与喜天神祭礼図」江戸時代 奈良 長谷寺蔵

本展では、長谷寺ゆかりの宝物を中心に展示することで、初瀬の地域で育まれ息づいている豊かな文化や歴史、信仰の様相をひもといていく。

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

展示風景「十一面観音三尊像」複製 奈良 長谷寺蔵

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

「萩薄蒔絵硯箱」江戸時代・安永6年(1777年) 奈良 長谷寺蔵

関連イベント


◆担当学芸員によるギャラリートーク(申込不要・要観覧券)
【日時】2022年11月16日(水)15:40頃~

◆特別展記念講演会 「祈りのかたち」(事前申込・無料)
【日時】2022年11月19日(土)14:00~15:30
【講師】吉田敬岳 師 (長谷寺 法務執事)
【定員】150名(申込多数の場合は抽選)
【申込】往復はがきまたは専用申込フォーム
【申込締切】11月1日(火)※はがきは必着、専用申込フォームは17:00まで

◆特別展関連講座 「祈りのかたち 声」(事前申込・無料)
長谷寺に伝わる節のついたお経・声明(しょうみょう)の解説や実演が行われる。
【日時】2022年11月20日(日)14:00~15:30
【講師】長谷寺僧侶
【定員】150名(申込多数の場合は抽選)
【申込】往復はがきまたは専用申込フォーム
【申込締切】11月1日(火)※はがきは必着、専用申込フォームは17:00まで

開催概要


【開催期間】2022年10月15日(土)~11月27日(日)
【開催場所】奈良県立万葉文化館(奈良県高市郡明日香村飛鳥10)
【開館時間】10:00~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
【休館日】月曜(祝日の場合、翌平日休館)
【観覧料金】一般 1000円、高大生500円、中学生以下 300円 
【問合わせ先】奈良県立万葉文化館(0744-54-1850)

特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」

奈良県立万葉文化館

  • 住所/奈良県 高市郡明日香村飛鳥 10
  • 電話/0744-54-1850
  • 営業時間/10:00~17:30(入館は17:00まで)
  • 定休日/月曜日(祝日の場合は翌日の平日)
  • 駐車場/有
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 前衛絵画を愛したコレクターを通して感じる絵画のたのしみ【奈良県立美術館|奈良市】


  • 人物画の名品を味わう展覧会 「一笑一顰 -日本美術に描かれた顔-」【大和文華館|奈良市】


  • 焼き締め陶の魅力を堪能「雑器から茶陶へ ―焼き締め陶とその源流―」【寧楽美術館|奈良市】


  • 特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】


  • 暑い日には涼みながら歴史や芸術にふれよう!2022年夏の展覧会特集


  • この夏、お茶目な妖怪に会いに行こう!「妖怪POP 妖怪書家 逢香展」【奈良市美術館|奈良市】