神社・仏閣桜井市
2022/09/26 07:00
ぱーぷる編集部タムラ

9月26日は百人一首の撰者「藤原定家」の忌日【奈良県的今日は何の日】

9月26日は百人一首の撰者「藤原定家」の忌日【奈良県的今日は何の日】

藤原定家は、平安末期から鎌倉初期に活躍した歌人で、『小倉百人一首』や『新古今和歌集』の撰者としても知られています。1241年9月26日没。

「年も経ぬ いのるちぎりは初瀬山 尾上の鐘の よその夕暮れ」

これは、定家が奈良県桜井市にある長谷寺で詠んだとされる歌。初瀬山は、平安時代の人が恋の成就を祈願した長谷寺の観音様のこと。長い片思いの歌とも、長い恋愛が終わりを告げるときの歌とも解されていますが、いずれにせよ、悲しい恋の歌です。

長谷寺には、「定家の塚」と、定家の父で同じく歌人だった藤原俊成の「俊成の碑」が並んであります。その近くには『源氏物語』にもでてくる「二本の杉」もあり、あわせて見どころのひとつとなっています。


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】


  • 奈良の寺社と紅葉が織りなす日本の美を堪能しよう!【紅葉特集2022|寺社編】


  • 十三重塔と紅葉のコントラストは必見!「関西の日光」ともいわれる紅葉名所【紅葉2022|談山神社|桜井市】


  • 夜の幻想的な「逆さ紅葉」が美しい歴史ある神社【紅葉2022|等彌神社|桜井市】


  • 紅葉の名所3ヶ寺がコラボ!回廊シリーズ第2弾「大和三大観音もみじ回廊」【長谷寺|桜井市・岡寺|明日香村・壷阪寺|高取町】


  • 【秋の花特集2022】深まる秋を感じる奈良の秋の花スポットPart2