神社・仏閣桜井市
2022/09/26 07:00
ぱーぷる編集部タムラ

9月26日は百人一首の撰者「藤原定家」の忌日【奈良県的今日は何の日】

9月26日は百人一首の撰者「藤原定家」の忌日【奈良県的今日は何の日】

藤原定家は、平安末期から鎌倉初期に活躍した歌人で、『小倉百人一首』や『新古今和歌集』の撰者としても知られています。1241年9月26日没。

「年も経ぬ いのるちぎりは初瀬山 尾上の鐘の よその夕暮れ」

これは、定家が奈良県桜井市にある長谷寺で詠んだとされる歌。初瀬山は、平安時代の人が恋の成就を祈願した長谷寺の観音様のこと。長い片思いの歌とも、長い恋愛が終わりを告げるときの歌とも解されていますが、いずれにせよ、悲しい恋の歌です。

長谷寺には、「定家の塚」と、定家の父で同じく歌人だった藤原俊成の「俊成の碑」が並んであります。その近くには『源氏物語』にもでてくる「二本の杉」もあり、あわせて見どころのひとつとなっています。


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【奈良日帰り温泉2023】あったまる!奈良でおすすめの日帰り温泉10選


  • 【奈良の初詣2024】初詣は古都・奈良で!奈良のおすすめ初詣特集


  • 【奈良の初詣2024|長谷寺】冬も趣深い「花の御寺」。祈りの灯火に願いをこめて|桜井市


  • 【奈良の初詣2024|談山神社】年越しライトアップも必見!冬景色も素晴らしい神社|桜井市


  • 【奈良の初詣2024|安倍文殊院】恒例のジャンボ干支花絵は「魔を断つ(辰)」!|桜井市


  • 【奈良の初詣2024|大神神社】三輪山がご神体のパワースポットで新年の運気を上げよう|桜井市