野球
2022/09/13 12:15
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

全国優勝おめでとう!天理の最強軟式野球チーム「朝和イーグルス・井上敏治監督」インタビュー

「第44回全国スポーツ少年団交流大会」が奈良県で行われ、奈良県天理市の朝和小学校の生徒だけで結成しているチーム『朝和イーグルス』が初出場初優勝を果たした。
この強さの秘訣と大会の振り返りを井上敏治監督に聞いた。

全国優勝おめでとう!天理の最強軟式野球チーム「朝和イーグルス・井上敏治監督」インタビュー

井上監督が子供たちに指導する上で大切にしていることのひとつが「自分で考える野球」。
監督の指示ではなく、子供たちが自ら考えてプレーするこのスタイルが全国の舞台でもはまったそう。

この「自分で考える野球」により、子どもたちは全国大会という舞台でも全く緊張することなく、試合を積み重ねることにより成長していったことで、全国優勝を勝ち取れたようだ。

全国優勝おめでとう!天理の最強軟式野球チーム「朝和イーグルス・井上敏治監督」インタビュー

今後、子供たちにどういった野球人生を過ごしていってほしいかという質問に対しては
「この優勝という成績により誇りや自信を持ち、野球だけでなく実生活に取り組んで行ってもらいたいと思います。」
と語ってくれた。

朝和イーグルスは朝和小学校の生徒たちだけのチーム。
このような限られたメンバーだけでも、井上監督のような野球の名門、天理高校出身の指導者がいるからこそ奈良県の野球はレベルが高いということを教えてくれたそんなチームであった。
生徒たちは楽しそうにのびのびと練習しながらも、きびきびと次の練習に向けて片づけをしているのが印象的であった。
今後も朝和イーグルスから目が離せない。

全国優勝おめでとう!天理の最強軟式野球チーム「朝和イーグルス・井上敏治監督」インタビュー

朝和イーグルスの優勝に喜ぶ保護者達

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【写真あり】2019年以来奈良県からセンバツ出場校0 有力だった高田商業は補欠止まり【高校野球】


  • 【高校野球】高田商業は「地域性」で有利!?6年ぶりの出場へ 2023年センバツ出場校の発表が1月27日に行われる


  • 阪神ドラフト5位・戸井零士選手(天理)が受賞 「令和4年度日本学生野球協会優秀選手及び部員表彰」などの表彰式が行われる


  • 【広島東洋カープ】「当時の岡本和真選手の印象は?」など 奈良県の名門!天理高・天理大出身の森浦大輔投手にインタビュー


  • 【オリックス】高校時代のチームメイトの話も 日本シリーズで大活躍!奈良県天理高校出身の太田椋選手インタビュー


  • 【広島東洋カープ】「今でも通う奈良県のある場所とは?」など 奈良県桜井市出身の松本竜也投手にインタビュー