野球
2022/08/08 12:55
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

【高校野球2022夏】エース南澤佑音君が好投!今日6番に入った内藤大翔君も先制のタイムリーをあげて勝利!

【高校野球2022夏】エース南澤佑音君が好投!6番に入った内藤大翔君も先制のタイムリーをあげて勝利!

天理・南澤佑音君

8月8日(月)の第104回全国高等学校野球選手権大会3日目(場所:阪神甲子園球場)、第2試合に奈良県代表の天理高校が登場。
山梨県代表の山梨学院と対戦し、結果2-1で勝利した。


天理は初回にノーアウト1、3塁の場面を作るが、得点を挙げられず。

4回に2アウト1、2塁のピンチを迎えるが、7番岳原陵河君をライトフライに打ち取る。
その裏、天理は今日4番に入った戸井零士君のレフトへのツーベースでチャンスを作ると、6番の内藤大翔君の技ありのセンターへのタイムリーヒットで天理先制!
奈良大会4番で出続けていた内藤君が意地を見せた形となる。
1-0とリードする。

6回、天理は2アウトから4番戸井零士君がライトへのツーベースでランナーに出ると、5番山村侑大君のタイムリーツーベースで2-0とリードを広げる。

7回に天理は1アウト2塁のピンチを迎えるが、8番佐仲大輝君を三振に打ち取ると、代打の山本和輝君も三振に打ち取り点を許さない。

9回に山梨学院に1点を返され、一打同点の場面を迎えるも最後はセカンドゴロ に打ち取りゲームセット。

守る方はこの試合もエラー0、エース南澤佑音君は9回に点を許すもコースにしっかりと投げ分けて被安打7、1失点で完投。
2-1で山梨学院をやぶった。

次戦は大会7日目の第4試合(8月12日)に長崎県代表の海星高校と対戦する。
※雨天などにより変更の場合あり

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 全国優勝おめでとう!天理の最強軟式野球チーム「朝和イーグルス・井上敏治監督」インタビュー


  • 【オリックス】「橿原公苑野球場での思い出は最後の夏」 天理高校出身の太田椋選手インタビュー


  • 【オリックス】ここで観た思い出の試合は「岡本和真選手の場外ホームラン」 奈良県橿原市出身の野口智哉選手にインタビュー


  • 9月5日は「国民栄誉賞の日」 初受賞した王貞治さんは2012年に奈良県知事を表敬訪問【奈良県的今日は何の日】


  • 【オリックス】奈良県橿原市出身の野口が決勝ホームラン!天理高校出身の太田は猛打賞で勝利に貢献


  • 【天理高校硬式野球部】新キャプテンが決定!「前キャプテン戸井選手からの言葉とは?」など 下林勇希選手インタビュー