明日香村アート
2022/08/06 07:00
ぱーぷる

特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

2022年8月6日(土)~9月25日(日)


奈良県高市郡明日香村の『奈良県立万葉文化館』にて、特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」を開催。

特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

《平成洛中洛外(左)》 2004年  平山郁夫シルクロード美術館蔵

特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

《平成の洛中洛外(右)》 2003年 平山郁夫シルクロード美術館蔵

万葉文化館所蔵の万葉日本画の制作者のひとりでもある平山郁夫。

この特別展では、平山氏の芸術の原点である故郷の瀬戸内や、半世紀に及ぶ画業において転機となった仏教美術と出会った奈良・京都の地を、平山氏の作品と言葉とともに、その歩みを振り返る。

また、平山郁夫芸術の集大成ともいえる記念碑的大事業であった奈良・薬師寺玄奘三蔵院の大唐西域壁画の大下図も展示。過酷なシルクロードの旅を芸術へと昇華した平山氏の芸術の神髄を体感できる展覧会となっている。

特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

《天かける白い橋 瀬戸内しまなみ海道》2000年 平山郁夫美術館蔵

平山郁夫 プロフィール


1930年、広島県瀬戸田町(現・尾道市)に生まれる。

15歳のときに広島市内で被爆し、九死に一生を得る。その後、大叔父である彫金家・清水南山のもとから学校に通い、この大叔父のすすめで日本画の道へと進む。

生涯をかけて、己が育った広島の風景、平和への祈り、シルクロード、そしてその終着地点である日本の古都を絵のテーマとして追求した。

日本美術院理事長、一ツ橋綜合財団理事、東京芸術大学学長などを務め、1998年には文化勲章を受章。

2009年、79歳で死去。

特別展「平山郁夫展-その旅路を辿る-」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】

《額田王》 1997年 奈良県立万葉文化館蔵

開催概要


【開催期間】2022年8月6日(土)~9月25日(日)
【開催場所】奈良県立万葉文化館(奈良県高市郡明日香村飛鳥10)
【開館時間】10:00~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
【休館日】月曜(祝日の場合、翌平日休館)
【観覧料金】一般 1200円、高大生500円、中学生以下 300円 
【問合わせ先】奈良県立万葉文化館(0744-54-1850)

奈良県立万葉文化館

  • 住所/奈良県 高市郡明日香村飛鳥 10
  • 電話/0744-54-1850
  • 営業時間/10:00~17:30(入館は17:00まで)
  • 定休日/月曜日(祝日の場合は翌日の平日)
  • 駐車場/有
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 特別展「こもりくの初瀬 祈りのかたち」開催【奈良県立万葉文化館|明日香村】


  • 「装いと意匠からひもとく万葉日本画」開催中【奈良県立万葉文化館|明日香村】


  • 【緊急告知!】7年ぶり12月から節電要請!関西電力で電気の契約をしている方必見!国の事業に参加してはぴeポイント2000円相当をゲットしよう


  • 【住宅見学会・相談会】年末かけこみ!12月開催の住宅イベントまとめ vol.1(2022/12/1更新)


  • 式年造替記念特別展「春日大社 若宮国宝展-祈りの王朝文化-」【奈良国立博物館|奈良市】


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】