子育てコラム生活
2022/08/03 05:00
ぱーぷるmirai編集部

【子育てコラム】外に出よう

【子育てコラム】外に出よう

僕の小さい時の思い出はほとんど外で起こりました。


友達とスポーツしたり、家族で公園行ったり、一人で木登りしたり…楽しい遊びの大半は外でしていました。小学生の時は家にゲームもなかったし、自分の部屋にテレビもパソコンもないし、携帯もありませんでした。レゴやプラレールなど、中で楽しく遊べるオモチャも持っていましたし、よくそれで遊んでいましたが、外にいる時間の方が比較的長かったです。
よく外で体動かしていたので、運動神経は鍛えられ、体も鍛えられ、大きい怪我や病気をする事なく育ちました。

現在は家族と田舎に住んでいますが、自然が多い場所に引っ越ししてから2歳の娘の体調不良がかなり減りました。1歳の息子も元気がいっぱいで、よくみんなで外に出て遊んでいます。まだまだ小さい子どもですが、できる事が増えていくと同時にもっともっと外で遊ばせたいと思っています。

最近は夏の英語関係のイベントによく先生として参加しますが、沢山の子どもと関わる中で外慣れしている子が割と少なく感じます。


公園行くよりテレビを観る、スポーツをするよりゲームする、外を探検するよりスマホを見る…このような子どもが増えている気がします。
僕もテレビを観るのもゲームをするのも、スマホを触るのも大好きですが、外で遊ぶ事と中で遊ぶ事のバランスが大事だと思います。

外で大した事をしていなくても、新鮮な空気を吸い太陽を浴びて動き回ってるだけで体も気分も元気になります。


太陽光から生み出されるビタミンDが免疫力を鍛えてくれて、体を使えば使うほど筋肉も骨も丈夫になり、大きな病気や怪我をきっと減らせるでしょう。また、外で動き回っていると体内の循環が良くなり、ストレスも解消され、メンタルもすっきりします。体力を使うと健康的な食欲も湧き、体が良いかんじに疲れて夜寝やすくなるでしょう。

色んな場所や環境、色んな制限の中で子育てしている親がいると思いますが、子どもを外に連れて行くだけで良い事がたくさんあるので、許す限り是非試してみてください!

外にいる時はしっかり子どものあそぶ姿を見守ってあげてくださいね!


【コラム執筆者】
David Rohrer
(ローラー デイビッド)


日本生まれ・育ちアメリカ人。国際教育でバイリンガル・バイカルチュラルに育つ。約10年間、英会話スクールやALT、国際学校や個人レッスンなどを通して教師として活動。只今はフリーランスでオンライン英会話レッスン、翻訳、子ども向けイベントを主催。

>> Instagram

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】心配しすぎるよりも出来ること


  • 「ぱーぷるmirai VOL.40 冬号」ができました!


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!