野球
2022/07/23 14:41
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

【高校野球奈良大会】天理が序盤苦しみながらも最後はコールド勝ちでベスト4進出!昨年準優勝の高田商も勝利!

【高校野球奈良大会】天理が序盤苦しみながらも最後はコールド勝ちでベスト4進出!昨年準優勝の高田商も勝利!

天理・中川輝星君



2022年7月23日、「第104回全国高等学校野球選手権奈良大会(高校野球)」の準々決勝2試合が奈良県の佐藤薬品スタジアムで行われ、高田商、天理がそれぞれ勝ちベスト4進出を決めた。

第1試合、高田商対御所実業は序盤投手戦となる。
6回に北嶋悠輝君のタイムリーで高田商が2点先制すると、7回には澤村一辰君のタイムリーで3-0とする。
投げては中村 真実君が9回166球を投げて完封。
昨年準優勝校が3対0でベスト4進出を果たした。

第2試合、天理対奈良北は2回、梅木健志君などのタイムリーで奈良北が先制。
天理の先発中川輝星君は悪いながらも6 回2失点で粘りのピッチング。

天理は4回に1点を返すと、4回にはタイムリー、押し出しファーボールで逆転。
その後天理は7回にビッグイニングを作り勝負あり。
9-2でベスト4進出を果たした。

今後の日程

【7月24日(日)】準々決勝
第1試合(9:00~)橿原-生駒
第2試合(11:30~)智辯学園-大和広陵

【7月26日(火)】準決勝
第1試合(9:00~)高田商業-天理
第2試合(11:30~)未定

【7月28日(木)】決勝 10:00~

※延長による再試合または天候不良、日没等で試合が中止になり順延となった場合は変更の可能性あり

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【高校野球】奈良県からは生駒高校が「21世紀枠」に選出 表彰式が行われる


  • 11月17日は「ドラフト記念日」 今年奈良県出身・ゆかりのある選手は何人指名された?【奈良県的今日は何の日?】


  • 【ドラフト2022】2年連続で1位指名選手誕生!曽谷龍平、門脇誠、友杉篤輝など 奈良県出身・ゆかりのあるドラフト指名された選手たち


  • 【動画あり】ソフトバンクが育成3位で奈良県桜井市出身の木村光投手の交渉権を獲得【ドラフト2022】


  • 【ドラフト2022】天理高校出身!中日が7位で日本新薬の福永裕基の交渉権を獲得


  • 【動画あり】奈良県の名門「天理高校キャプテン」 阪神が5位で戸井零士の交渉権を獲得【ドラフト2022】