子育てコラム生活
2022/07/15 05:00
ぱーぷるmirai編集部

【子育てコラム】羽休めしよう。子も親も。


こんにちは、アートコミュニティもりのいりぐち主宰の森野ゆかりです。


去年のアプリコラムで「子どもたち、今日は羽休めしよう」と題して学校に行きにくさを感じている小中学生のための居場所「もりのいりぐちで羽休め」のご紹介をしました。

それから約一年。文部科学省が発表する全国での不登校児の数は依然として増えています。感染症の影響、友達や先生と上手くいかない、体調が整わない、授業やイベントについていけない。。。様々な要因があるようです。そんなとき、保護者としてまずは学校に行くよう働きかける。無理にでも連れていく。焦る。いろいろな気持ちが渦巻いているのだと想像します。親の気持ちはすべて正解だと思います。そして、どうしても学校に行きにくいと感じる子ども達の気持ちもまた正解だと思っています。

学校に行っていないその瞬間をゆるい居場所ですごそうという「もりのいりぐちで羽休め」では2022年5月より新体制となり、パンフレットも一新しました。それまでは私一人でしたが、スクールカウンセラーさんとの運営となり、

●子ども達がアートを楽しみ、
●親御さんもアートを楽しみ、
●親の会での会話を楽しむ。

という体制が出来上がりました。

同じ経験、同じ課題を抱えた親同士のお話の場所。親にとってもそんな場所が必要です。ささいなことも誰かと話してみることでふっと気持ちがほどけるものです。ぜひのんびりと羽を休めてください(パンフより)

そして、夏休みには羽休めを体験いただけるオープンデーを設けました。

学校に行きにくさを感じている親子。その兄弟。そしてそのお友達。どんな方でも!羽休めってどんなところかな、様子を見てみたいな。ちょっと工作をして過ごしたいな。誰かとお話したいな。そんな方々のためのオープンデーとなっています。

■参加費
・大人も子どもも:500円(一人)

■スケジュール
10:00~12:00:1階でアート工作
(保護者のかたもアートをお楽しみください)

11:00~12:00:2階で親の会


■アート内容

【7/27:折染め】


おりたたんだ紙をインクで染めて、偶然にできた模様を楽しみます。うちわは別途100円。

【8/24:センサリーバック】


作って楽しい、触って楽しい。ひんやりきもちい感触あそびです。

■持ち物
・両日ともに、特になし
(8/24はセンサリーバッグに入れたいものがあれば)

会場はいつものスペースデパートメントです。
ご予約やイベントの詳細は>> こちらをご確認ください。


【もりのいりぐちで羽休め】






活動日:主に第2・第4水曜日の10:00~12:00
対象:学校に行きにくさを感じている小中学生とその保護者
料金:1人2,000円
   (ご家族2人3,000円)
会場:アーティスト・イン・レジデンス
 『SPACE DEPARTMENT』
 奈良市平松1丁目27-12
>> Googleマップはコチラ!
 (近鉄尼ヶ辻駅徒歩10分)


LINE公式アカウント「もりのいりぐち」


・下記Facebookからもお気軽にお問合せください。



【コラム執筆者】
森野ゆかり


東京の広告代理店でデザイナーを経験。写真と似顔絵とデザインが現在の主な仕事。デジタルとアナログをいったりきたりしながら、2人の子どもとアートな暮らしを模索中。

>> ホームページ
>> Facebook


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ