カレーグルメ奈良県奈良市
2022/06/29 07:05
ぱーぷる

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

奈良県奈良市のきたまちから、2022年2月にならまちへお引越しした『菩薩咖喱(ぼさつかりー)』。

「奈良をカレーの総本山に」という、大いなる願望をもつ店主の吉村さん。
カレーを愛す彼女は、弱冠25歳でお店を開き、今や人気店へと成長した。

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱 【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

和室にミラーボール?!と最初はそのミスマッチさに驚くが、なかなかどうして、この空間に馴染んでいる。

移転後は一軒家となり、座敷スペースも登場。
「民家特有の居心地のよさというか、おばあちゃんちに遊びにきたときのように感じてもらいたい。」

畳や土壁など、日本家屋特有の安らぎ空間は、どこか懐かしい。
靴を脱いで家に上がると、「ただいま」と声が出てしまうかも。

これを食べなきゃ『菩薩咖喱』を語れない?!ネパール料理ダルバート


【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

ダルバート 1,500円(税込)


「ダルバート」とは、ネパールの代表的な家庭料理。

"ダル"は豆スープを指し、"バート"は米飯を意味する。
豆スープとご飯の他に、野菜などのおかずであるタルカリや漬物、アチャールなどがセットになったもの。
日本でいうところの定食だ。

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

左からダル(豆スープ)、菩薩チキン、鯖カリー。
2種類のカレーは、不定期で変更。

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

2020年の開店時から、アチャールの種類が増えたそう。
取材時は、「加賀太きゅうり」などの珍しい野菜も。
八百屋や道の駅などの直売所を何軒かはしごし、常におもしろい食材を探しているという吉村さん。
次に行くと、また違うアチャールで出会えるかも。

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

ここで一番重要なのが、ダルバートは混ぜて食べるべし!
まずはカレーやアチャールをそれぞれ個々で味わって。
その後は、カレーやダル、野菜たちをとにかく混ぜる!そして混ぜる!

一口ひとくち味や触感が変わり、スプーンを動かす手が止まらなくなるはず。
「野菜のおかずに関して、個々というよりも全体のバランスを考えて味付けしています。
それだけ食べると変わった味だなと思うことがあっても、混ぜることで不思議と違和感なく食べられたり、アクセントになったり。
混ぜることで生まれる変化を楽しんで欲しいです。」

【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱 【リニューアル】ダルバートが魅力!きたまちのカレー店が、ならまちへ|菩薩咖喱

飾られている絵は、吉村さん作。

不定期でスパイスを使った料理とお酒を提供する「スナック菩薩」もオープン。
オープン日はSNSで発信するので、そちらもチェック。

これからもいろんなかたちで、奈良のカレーシーンを盛り上げてくれそうな『菩薩咖喱』と吉村さんに注目していきたい。

菩薩咖喱(ぼさつかりー)

  • 住所/奈良県 奈良市薬師堂町 21
  • 電話/-
  • 営業時間/11:00~16:00(L.O15:00)
  • 定休日/月、火
  • 駐車場/無(近隣に有料P有)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【リニューアル】あの『上等カレー』が装いも新たに登場!|JOTO CURRY 大和西大寺駅店


  • 【新店】話題のカレー店実店舗が、きたまちに誕生!|サルマメ咖喱


  • 【リニューアル】また食べたいカレーと珈琲のお店|喫茶田川


  • 金曜夜の秘密基地で料理と珈琲を【滴々珈琲/奈良市】


  • 寒い日はあったカレー!奈良県のカレー店3選


  • 【2021年】奈良県のグルメ新店舗まとめ②