宿・ホテル・旅館奈良県奈良市
2022/06/13 07:00
ぱーぷる

築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

近鉄奈良駅より、徒歩約15分。奈良町の一画で懐かしくあたたかい佇まいをみせる『西村邸』。

主宰・杉本さんの「おばあちゃんち」だった築100年以上の奈良町屋を改修し、カフェ、レンタルスペースなどを備えた宿泊施設として2019年秋にオープン。

宿泊は"OMOYA"と"Hanare"の独立1棟貸しの2部屋で、畳はもちろん、こたつや蚊帳、秘密基地のような階段など、懐かしくてシンプルな奈良町屋の暮らしを、気軽な価格で体験することができる。

静かに流れる良質な時間をゆったりと楽しめる、隠れ家のような素敵な場所が、ここにある。

居心地のよい部屋で奈良町家の暮らしを体験


【OMOYA:1泊1名6,600円(定員4名利用時)】
掘りごたつつきの広いお座敷と、ソファラウンジ、ベッドを備えたお部屋。本棚やアナログゲームも充実しており、合宿気分でワイワイ過ごすのにおすすめ。

【Hanare:1泊1名7,700円(定員3名利用時)】
和室をリノベーションし、キッチン&ダイニングテーブルを備えたお部屋。大きな冷蔵庫や洗濯機つきで、長期滞在にもおすすめ。1階では味わい深い庭園を眺めることができ、2階の寝室からは、若草山が望める。奈良らしい景色が楽しめるお部屋。

どちらの部屋も、宿泊料金には朝食と奈良町の銭湯の入浴券が含まれている。昔ながらの銭湯もまた、奈良町の暮らしの一部。風呂桶を持って出かけてみよう。

築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

(OMOYA)おばあちゃんちに来たような心和む空間

築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

(OMOYA)使いやすいベッドタイプ。清潔な寝具でぐっすり

築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

(Hanare)居心地が良すぎてずっと住みたくなりそう

おばあちゃんの食卓のようなほっとするお食事


築100年の奈良町家に、暮らすように泊まる【西村邸|奈良市】

朝食にいただけるのは、日中のカフェ営業でも提供している【毎日の茶飯膳】。

ほうじ茶で炊いた「奈良茶飯(ちゃめし)」は、知る人ぞ知る、奈良の郷土料理。季節の野菜を使った味噌汁、小鉢の一汁二菜。からだにやさしいシンプルな献立で、心地よい朝をむかえられる。

夕食は、近隣のお店を紹介してくださるそう。西村邸を拠点に、奈良町の魅力あるお店を巡ってみよう。土鍋とコンロの貸出もあるので、スーパーでお買い物をして、みんなで鍋を囲むのも◎。

そこにあるのは、奈良町の日常


主宰の杉本さんは西村邸について、「できる限り昔ながらの雰囲気を残して改修し、これからの世代に奈良町の『心地よい鄙(ひな)び』を感じてもらえたら、という思いで運営してます。決してラグジュアリーな空間ではありませんが、和の雰囲気や古民家が好きな方、普通のホテルは味気ないと感じる方、自分の暮らしを見つめ直したいなという方には、十分にお楽しみいただける場所ではないかなと思います。駅前の喧騒から少し離れた宿で、奈良町の日常を体験してみてください。」と話してくださった。

毎年2、3、8、9月には「学割プラン」も実施しているそうなので、ぜひお友達同士で訪れて楽しんでほしい。

「奈良町の日常」という非日常を、大切な人といっしょに、西村邸で過ごしてみてはいかが。

予約


予約は公式WEBサイト、メール、その他LINEや各種SNSメッセージから。

西村邸

  • 住所/奈良県 奈良市花園町 20
  • 電話/-
  • 営業時間/チェックイン 14:00~20:00/チェックアウト 10:00/併設のカフェ、ショップ、レンタルスペース 11:00~17:00
  • 定休日/木曜休(カフェ、ショップのみ)
  • 駐車場/無(近隣に有料P有)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良人と創る、新しいホテルスタイル【MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS|奈良市】


  • 古都の風情に包まれ、料理もたのしむ宿【料亭旅館 飛鳥荘|奈良市】


  • 奈良と共に時を刻む。旅人が帰ってきたくなる奥深きホテル【ホテル尾花|奈良市】


  • 【新店】奈良市観光に便利なホテルが登場!|いろはグランホテル近鉄奈良駅前


  • 【プレゼント】奈良県の憧れのホテル・旅館に無料ご招待!今すぐ応募しよう!


  • 奈良盆地を一望!憧れのホテルで奈良を満喫【ANDO HOTEL 奈良若草山|奈良市】