奈良県吉野町
2022/05/20 07:00
ぱーぷる

【奈良が舞台の百人一首】Vol.6菅家(24番)

【奈良が舞台の百人一首】Vol.6菅家(24番)

歴史ある奈良県には、「小倉百人一首」で詠まれた名所が数多くあります。
小学生時代に覚えた方も多いこの「小倉百人一首」。

少し知識をつけるだけで、世界は色づき人生は豊かになります。
いつも見ている何気ない景色の見方を変えてみませんか?

24番 このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

【奈良が舞台の百人一首】Vol.6菅家(24番)

「今回の旅は急なものだったので、幣を用意することができませんでした。
代わりに、手向け山の紅葉を差し出しますので、神様の御心のままになさってください。」

「幣(ぬさ)」とは、祈祷に使う道具のこと。
幣の代わりに色鮮やかな紅葉を捧げるとは、粋なことをさっと思いついた読み手は、学問の神とされる菅原道真。

菅原道真といえば、その才で右大臣にまで登り詰めたにも関わらず、引き立ててくれた宇多天皇の次の代、醍醐天皇の時代に九州に左遷され、苦しみの中亡くなった人物。
歌に詠まれている「旅」も、宇田上皇が吉野へのおでかけに付き添った際のものとされます。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】


  • 【奈良が舞台の百人一首】Vol.7紀貫之(35番)


  • 【住宅見学会】最新の注文住宅を体感!11月開催の住宅イベントまとめ vol.3(2022/11/16更新)


  • 【住宅相談会】賢く家づくりをしよう!11月開催の住宅イベントまとめ vol.2(2022/11/16更新)


  • 奈良の寺社と紅葉が織りなす日本の美を堪能しよう!【紅葉特集2022|寺社編】


  • 世界遺産の紅葉を楽しもう!【紅葉特集2022|吉野山編】