整形外科形成外科美容外科奈良市ライフ生活
2022/04/27 09:00
ぱーぷるmirai編集部

【くにしげクリニック】國重先生のお悩み相談 イボと花粉症



ホクロやイボ、できものなどは「皮膚腫瘍」と呼ばれます。皮膚腫瘍にはホクロのように皮膚表面に変化を生じるものもあれば、できものや粉瘤のように皮膚の下に固まりができて隆起するものもあります。

イボは、ヒトパピローマウイルスというウイルスによって引き起こされる、皮膚の小さな増殖性病変です。一般には小さいものを「イボ」、大きいものを「コブ」と呼びますが、正式には「疣贅(ゆうぜい)」といいます。

体のあらゆる部位の皮膚に出現し、1・2個でできるものと集団でできるものがあります。ほとんどの場合は痛みを伴わず無害です。また、どの年齢層の人にもできますが、年齢により種類が変わります。基本的には同じ人の別の部位に広がることが多いですが、頻繁に接触があると他の人にうつる可能性もあります。

くにしげクリニックでは自費診療になりますが、レーザーで治療し、ほぼ1回で治療が終わります。



寒さが和らいでくるころ、やってくるのは花粉症…。かゆくてつい目をこすってしまいますね。目の下の皮膚はとても薄く、目をこすることがクマの原因の一つになるのをご存知ですか?

もちろん、こするだけが原因ではありません。加齢とともに皮膚のたるみが生じ、それが影になり目の周りが黒っぽく見えます。目をこするクセがある方は、こすらない対策を。メイクオフされるときも、こすらないようにしてみてください。

アラフォー世代はクマではなく、目の周りのハリを取り戻すことで見た目年齢が変わります。

最近、目の周りが黒っぽく感じる方は、一度ご相談ください。
マスクシミのお悩みもお任せください!


こちらのサイトから予約できます


>> EPARK

全診療科目(整形外科・形成外科・美容外科)で予約可能です。
初診申し込み票もオンラインで作成でき、来院した時の手間がありません。


家族のお悩みもLINE@で


先生、こんな時はどうすればいいですか?など、気づいたときにラインしてください。1対1でお答えします。
なお、すぐにお返事できかねますので、緊急性の高いことはお電話をお願いします。

友だち追加


くにしげクリニックの
コロナ対策!



診察代金も
キャッシュレス!


くにしげクリニックでは、PayPayでのお支払いが可能です。





形成外科/整形外科/美容外科
くにしげクリニック
國重先生


子どものことから、もちろんママ・パパ自身のことまで気軽に相談してくださいね!

奈良市菅原町196-2
TEL:0742-49-6766
>> オフィシャルサイト

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【くにしげクリニック】この春、ピアスが人気♪


  • 【フェア開催中】家づくり応援!5月開催のキャンペーンまとめ vol.1


  • 奈良のハイクラス住宅雑誌≪LUXURY HOME vol.2≫発売【奈良すまい図鑑シリーズ】


  • <連載>『女子のNEW STANDARD』vol.6:詳しく知りたい「不妊検査」と「不妊治療」


  • 【RENEWAL OPEN】robin(ロビン)/雑貨/奈良市


  • 【動画あり】帝塚山大学生が考案「大和野菜でおうちメシ」( ひもとうがらしの鶏チリ丼編)をご紹介!