自然・景勝地・夜景
2022/03/09 07:00
ぱーぷる

吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【金峯山寺/吉野町】

吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【奈良の桜2022/金峯山寺/吉野町】

日本有数の桜の名所、吉野山の尾根上に高くそびえる金峯山寺(きんぷせんじ)。

同寺を開創したとされる修験道の開祖、役小角がヤマザクラの木に蔵王権現の姿を刻んだという伝承にちなみ、吉野山では桜の木を「ご神木」とし、1300年前から現在に至るまで、献木され、大切に保護されているのだそうです。

金峯山寺でおすすめの場所は?


吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【奈良の桜2022/金峯山寺/吉野町】

春、金峯山寺の境内では、吉野山のシンボルともいえる国宝「蔵王堂」の正面に四本桜(よもとのさくら)が美しく花を咲かせます。
荘厳さと華やかさが相まって、それはそれは見ごたえのある光景です。

また、妙法殿三重塔周辺の桜も一見の価値あり!幻想的な雰囲気で、フォトジェニックな写真が撮れるスポットとして人気です。

吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【奈良の桜2022/金峯山寺/吉野町】

そして、間近でみる桜も美しいですが、遠景もまた美しい!
山全体が色付く中、遠くに蔵王堂を望む景色も、絵になります。

吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【奈良の桜2022/金峯山寺/吉野町】 吉野山のシンボル 国宝・蔵王堂とご神木の桜【奈良の桜2022/金峯山寺/吉野町】

写真提供:金峯山寺 撮影:高橋良典

金峯山寺の桜情報


▷例年の見頃
4月上旬~4月下旬

▷鑑賞時間
終日(蔵王堂の拝観は8:30〜16:00)

▷入山料
境内無料
蔵王堂拝観料 800円
秘仏御本尊特別ご開帳時の拝観料 1600円

▷桜の本数
吉野山全体で約30000本

▷桜の種類
シロヤマザクラ他

金峯山寺 春の行事


▷釈尊降誕会(花まつり)
-2022年4月8日(金)
蔵王堂と聖仏舎利宝殿でお釈迦様の誕生日を祝う法要が行われ、花御堂の誕生仏に甘茶が注がれる。例年、聖仏舎利宝殿で甘茶のふるまいがあるが、新型コロナの感染拡大防止のため、昨年は中止。今年は未定。

▷花供懺法会(花供会式)
蔵王権現のご神木・山桜の満開を御本尊に報告する伝統行事で、春の吉野山でもっとも盛り上がる行事。
-2022年4月10日(日)
・花供千本づき:蔵王堂前に大臼をおいてお餅をつく。例年ならばお餅のふるまいがあり、観光客もつくことができるが、今年は未定。
・女人大護摩供:蔵王堂前の護摩道場で、女性だけで大護摩供を修法する。女性だけの大護摩供は全国で金峯山寺だけ。
-2022年4月11日(月)、12日(火)
・大行列:竹林院から蔵王堂まで、奴行列を先頭に山伏・一山僧侶・大名駕籠・稚児・山伏などが練り歩く。
・花供懺法(蔵王堂内の法要)、大護摩供、千本づきのお餅が撒かれる御供撒きが行われる。例年ならば蔵王堂前に御供撒き台が設営されて、大量の御供が撒かれるが、昨年は参拝者に袋に入れて配られたそう。

▷日本最大秘仏本尊特別ご開帳
-2022年3月26日(土)~5月8日(日)
国宝蔵王堂内に安置されている日本最大の秘仏ご本尊金剛蔵王大権現3体が特別にご開帳される。3体の像はそれぞれ過去、現在、未来を現すそう。その迫力あるお姿を間近で拝める貴重な機会をお見逃しなく!

金峯山寺


▷住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山2498

▷電話番号
0746-32-8371

▷駐車場
下千本駐車場
普通車約400台/終日利用可能
通常1,500円、 3月26日(土)~4月17日(日)は2,000円

▷アクセス
近鉄吉野線吉野駅下車。ロープウェイ吉野山駅下車後、徒歩10分

▷公式ホームページ
https://www.kinpusen.or.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 紅、オレンジ、黄色、いろんな秋色が楽しめる公園【紅葉2022|奈良県営馬見丘陵公園|広陵町・河合町】


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】


  • サウナ好き必見!奈良を見渡せる絶景で「ととのう」【ANDO HOTEL|奈良市】


  • 平安の歌人も称えた古くからの紅葉の名所【紅葉2022|奈良県立竜田公園(竜田川)|斑鳩町】


  • 奈良の寺社と紅葉が織りなす日本の美を堪能しよう!【紅葉特集2022|寺社編】


  • 奈良でイチョウを見るならここ!青空に映える黄金の並木道【紅葉2022|天理市役所周辺|天理市】