自然・景勝地・夜景奈良県桜井市
2022/03/15 07:00
ぱーぷる

1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【長谷寺/桜井市】

1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】

奈良県桜井市にある長谷寺は、ぼたんや桜の名所として知られ、別名「花の御寺」と呼ばれています。

春には約1,000本もの桜が広い境内を艶やかに彩り、「花咲かば堂塔埋もれつくすべし」と高浜虚子が詠んだように、本堂や山内の堂塔伽藍は桜に包まれ、その眺めは壮観の一言。

桜の種類もシダレザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど多種多様で、濃淡の違うピンクがグラデーションとなって美しさも格別です。

1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】

長谷寺でオススメの場所は?


舞台造りの代表建築で国宝でもある本堂。その舞台から山内を眺めると、まるで桜の雲に乗っているような気分に。天気の良い日は青い空と桜のコントラストが特に美しい。

1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】 1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】

舞台の上から山全体を眺めるのも良いですが、間近で見る桜も美しい長谷寺。
特に人気なのは中雀門の御所桜や入山付近の枝垂桜、亀池にある奈良の八重桜など。
どの桜も美しく、訪れた人の目をひきつけます。

1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】 1000本もの桜が華やかに色付く春の「花の御寺」【奈良の桜2022/長谷寺/桜井市】

長谷寺の桜情報


▷例年の見頃
3月下旬~4月下旬

▷鑑賞時間
3月:9:00~17:00
4月:8:30~17:00

▷入山料
大人・中高生500円、小学生250円

▷桜の本数
約1,000本

▷桜の種類
シダレザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラ等

長谷寺 春のイベント


▷本尊大観音特別拝観
2022年3月1日(火)~7月10日(日)
1000円(入山料別途・共通券あり)
普段は関係者以外立ち入りが禁止されている国宝本堂の中に入ることができ、国指定重要文化財の本尊十一面観世音菩薩立像のお御足(みあし)に触れてお参り出来る、年に2回だけの特別拝観。

▷本坊大講堂特別拝観
2022年3月1日(火)~6月5日(日)
500円(入山料別途・共通券あり)
普段は関係者以外立ち入りが禁止されている重要文化財本坊の中に入ることができ、16mの掛けられない掛け軸である大画軸のレプリカ(原寸大)を見ることができます。

▷春季特別寺宝展
2022年3月1日(火)~6月30日(木)
無料(入山料別途)
春と秋の期間に限り、数々の宝物が公開されます。

長谷寺


▷住所
奈良県桜井市初瀬731-1

▷電話番号
0744-47-7001

▷駐車場
二輪200円/普通車500円/大型バス2,000円

▷アクセス
近鉄大阪線「長谷寺駅」より、徒歩約15分
近鉄大阪線・JR万葉まほろば線「桜井駅」より、奈良交通バス「長谷寺参道口」下車徒歩約10分

▷公式ホームページ
https://www.hasedera.or.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 奈良の美しい公園や壮大な自然で楽しむ紅葉【紅葉特集2022|公園・自然編】


  • 奈良の寺社と紅葉が織りなす日本の美を堪能しよう!【紅葉特集2022|寺社編】


  • 【2022年版】奈良の桜情報&開花予想


  • 池に映る紅葉が美しい、歴史残る自然公園【紅葉2021/鳥見山公園/宇陀市】


  • 宇陀市/街の子育て情報


  • 【奈良クリスマスケーキ2022|旬作菓子工房 木風|桜井市】シンプルだからこそわかる!素材本来の繊細な味を堪能。