スイーツ洋菓子和菓子奈良県奈良市
2022/02/19 11:30
gaya.sachiko

ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】

大正2年創業の和菓子屋店。
お店の奥には広い和室があり、中庭を眺めながら季節のお菓子やお抹茶が楽しめる茶房『六坊庵』があります。

奈良県産いちご「古都華」を使用した、和菓子屋ならではのパフェ「カメリアパルフェ」が大人気です!

内観写真


ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】

外観写真


ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】

和×洋の芸術パルフェに感動

ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】

カメリアパルフェ 1,200円(税込)


1日10食限定!
奈良県産のブランドいちご「古都華」を美しく飾った姿は、カメリア(椿)の花のよう。
グラスの中には自家製の大和茶わらび餅、奈良町カステラ、黒糖アイスクリームと豪華!

パルフェのトッピングは「外郎(ういろう)」をアレンジしたものなんだそう。
「ギモーブ」という名の四角い干菓子は抹茶とほうじ茶の2色。とても趣向を凝らしたスイーツです。

老舗の風格や和菓子の繊細さにうっとり。
上品な甘さとと抹茶のほろ苦がバランス良く、あっという間に完食してしまいました♡
ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】

季節の上生菓子・珈琲付き 1,100円(税込)


お店の上生菓子から好きな物を選び、ドリンクとセットで楽しむこともできます。
珈琲であれば1,100円、お抹茶(温・冷)980円、大和茶(温)1,100円、(冷)1,000円と飲み物の種類も豊富。

私は可愛いいちごに一目惚れして「羽二重苺」に。
こちらはお持ち帰り用で1個330円で販売されています。お土産にもぴったりですね。

築150年の立派な日本家屋で頂く和菓子セットは、また格別です◎
お善哉やわらび餅などのお菓子のほかに、お店特製のお赤飯や奈良の食材を使用したランチも魅力的でした。

ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】 ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】
お店では季節の生菓子や、パルフェにも入っていた「奈良町カステラ」が販売されています。
この日は4代目店主の中西さんや、和菓子職人の鈴木さんにいろいろと教えていただきました。

お店の中は和菓子の歴史や道具などが見学できるギャラリーにもなっていて、建物全てが博物館のようです。
和菓子作り体験もできるそうで、ならまち散策で是非、立寄りたい観光スポットでもあります。
ならまちの邸宅でいちごパルフェを楽しむ【寧楽菓子司 中西与三郎/奈良市】
歴史ある老舗和菓子屋さんですが、期間限定でアフタヌーンティーを開催されたり、伝統と現代の流行をうまく調和させたメニューに目が離せません!

訪れる人に奈良の美味しいもの、古都の風情を楽しませてくれるオススメのお店です!

写真・テキスト:gaya.sachiko

寧楽菓子司 中西与三郎(なかにしよさぶろう)

  • 住所/奈良県 奈良市脇戸町 23
  • 電話/0742-24-3048
  • 営業時間/9:30~18:00 【茶房】〈平日〉10:30~18:00〈土日祝〉10:00~18:30
  • 定休日/月
    その他休業日/祝日の場合、営業する場合あり
  • 駐車場/無(近隣に有料P有)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【新店】奈良の現役大学生が起業!手作りにこだわるお芋スイーツ専門店|芋処 みやじ


  • 【2022年まとめ~スイーツ編~】甘いもの食べちゃうスイーツ好きに、行ってほしい奈良のお店8選!


  • 吉野へ旅しよう!心とお腹を満たすグルメ店まとめ【吉野特集|グルメ編】


  • 【新店】中川政七商店ブランドの新しいおかしやさん|奈良御菓子製造所 ocasi


  • 2022年の夏に食べたい!奈良のかき氷特集~奈良市編Part3~


  • 焼き芋専門店の芋づくしかき氷【維新蔵 ならまち店|奈良市】