和菓子
2022/02/16 13:08
ぱーぷる編集部(喜畑恵太)

2月16日は寒天の日!

2月16日は「寒天の日」。
何かのゴロかとも考えたが、どうやら違うようで、NHKの番組でこの日に寒天特集が放送され、長野県茅野商工会議所と、長野県寒天水産加工業協同組合が制定したそう。

奈良県で寒天と言えば『奈良祥樂』の「かぎろひ」「こがね」

2月16日は寒天の日!『まぼろしの梅』を使った和菓子はいかが?【奈良的今日は何の日?】

左)まぼろしの梅「かぎろひ」 648円(税込)右)熟れし梅「こがね」 864円(税込)

樹齢200年を超える古木の苗を、品種改良せずに育てた日本古来の梅実で、幻と呼ばれる「杉田梅」を使った寒天菓子。

「かぎろひ」とは夜から朝を迎える際に美しく空を飾る、藍色と紅黄色のグラデーションのこと。
純白な淡雪羹に「杉田梅」の寒天を散りばめており、芳醇でまろやかな味わいが魅力。

幻の杉田梅果汁を贅沢に使用し、ほどよい甘さと口あたりにこだわって、じっくりと炊き詰めた「こがね」は甘酸っぱさを愉しませてくれる一品。

奈良祥樂 法隆寺本店

  • 住所/奈良県 生駒郡斑鳩町法隆寺 1-7-24
  • 電話/0745-44-3703
  • 営業時間/10:00~17:00
  • 定休日/水曜
  • 駐車場/20台
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 新しい葛スイーツができました【吉野町】


  • チョコといちごのとろり大福【とろり天使のわらびもち|天理市】


  • 【新店】奈良の現役大学生が起業!手作りにこだわるお芋スイーツ専門店|芋処 みやじ


  • 【新店】これぞ「一丁焼き」で作るたい焼き!パリパリ薄皮の上品な味わい|たいやき 囲-kakoi-


  • 歴女必見!古代スイーツを楽しむアフタヌーンティーがスタート【ことのまあかり|奈良市】


  • 【2022年まとめ~スイーツ編~】甘いもの食べちゃうスイーツ好きに、行ってほしい奈良のお店8選!