子育てコラム生活
2022/02/05 05:00
ぱ〜ぷるmama

【子育てコラム】ちょこっと時間


こんにちは、アートコミュニティもりのいりぐち主宰の森野ゆかりです。



年明けからの感染拡大は、2年前の突然の休園休校の記憶がよみがえるような勢いとなっています。この記事を読んでくださっているみなさまの周辺でも学級閉鎖などがちらほら発生しているのではないでしょうか。もりのいりぐちの活動もしばらくお休みしております。

学級閉鎖でおうちでの待機を強いられたお子さんのほとんどは元気いっぱい。外に連れ出すわけにもいかないし、なんとなくだらだらとした雰囲気になってきた…。今回は、そんなときに使えるちょこっとした化学遊びをご紹介します。


①超簡単マーブル遊び
100円均一やホームセンターで簡単に手に入る道具を使って、きれいな模様を作り、紙に転写していきます。

★用意するもの
・お皿などの容器
・シェービングクリーム
・プリンタ補充インク
・その他、インクを伸ばすための楊枝や転写用の紙







★遊び方
空き容器にシェービングクリームを適量出して、インクを垂らしていきます。インクを伸ばすように楊枝などで模様を作っていきます。できあがった模様に紙を押しつけ、余分なクリームを取り除いて乾かせば、素敵な模様が転写されたカードができあがります。
★発展
インクはそのまま垂らしてもよいし、卵の空きパックで好きな色を作っても楽しめます。また、紙に転写せず、スプーンなどでかき混ぜて素敵な模様ができるようすを楽しむのもおすすめ。
★注意
おいしそうなクリームに見えてしまいますが、小さなお子さんが口に入れないようにご注意ください。



②水と油のぶつぶつ模様
こちらも簡単な色遊び。ぶつぶつ模様が苦手な息子は、気持ち悪い~と言いながらも集中していました。

★用意するもの
・空き容器
・油
・水
・インク


★遊び方
空き容器に水を入れます。その中にインクを入れ、油を垂らしてみます。すると、水と溶けあわない油によって水面が大きく動きます。インクの色が混ざったり、転々とした模様が浮かび上がったり。

★発展
スポイトに見立てた醤油さしなどで垂らした油を吸ってみたり、違うところに垂らしてみたりするのも楽しいです。

化学と言っても、簡単で日常的なアート遊び。こんな時だからこそ、ちょこっと集中できて、水や油の反応を体感できる遊びがおすすめです。



【もりのいりぐちで羽休め】



活動日:主に第2・第4木曜日の10:00~12:00
対象:学校に行きにくさを感じている小中学生とその保護者
料金:1人2,000円
   (ご家族2人3,000円)
会場:アーティスト・イン・レジデンス
 『SPACE DEPARTMENT』
 奈良市平松1丁目27-12
>> Googleマップはコチラ!
 (近鉄尼ヶ辻駅徒歩10分)

LINE公式アカウント「もりのいりぐち」


・下記Facebookからもお気軽にお問合せください。





【コラム執筆者】
森野ゆかり


東京の広告代理店でデザイナーを経験。写真と似顔絵とデザインが現在の主な仕事。デジタルとアナログをいったりきたりしながら、2人の子どもとアートな暮らしを模索中。

>> ホームページ
>> Facebook

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ