子育てコラム生活
2022/01/09 05:00
ぱ〜ぷるmama

【子育てコラム】こころに優しく響く絵本「あおいアヒル」

半年ほど前に出会ったばかりの、大切にしている絵本を紹介します。


はじめて読んだとき、感動したのと同時に、心にあったかい優しさが広がって、思わず絵本を抱きしめてしまいました。大人にも子どもにも、おすすめの1冊です。




「あおいアヒル」作・リリア
訳・前田まゆみ
主婦の友社 1,300円


 

絵本の帯には、「全国学校図書館協議会2020えほん50選定図書」「産経児童出版文化賞・翻訳作品受賞賞」「Amazonランキング・介護部門1位」などの文字が!すでに話題の絵本、ご存知の方も多いかもしれません。

簡単なあらすじは、

あおい池で、泣いているワニの赤ちゃんをみつけたアヒルのママ。アヒルはワニをそだてます。
やがて、赤ちゃんだったワニは、どんどん大きくなって立派になります。

「わたし せかいで いちばん しあわせな ママだわ」

そのころ、アヒルはいろいろなことを忘れるようになりました。すると今度は、成長したワニがアヒルのお世話をします。自分が赤ちゃんだったときにアヒルにしてもらったことを、同じようにやる。

「こんどは ぼくが まもるから」

アヒルには、介護が必要になっていたのです。

「ずっと かわらないのは ママが ぼくを だいすきで ぼくも ママが だいすきな こと」

全ての生き物は、血のつながりに関係なく、大切なものに愛を注ぐこと。受け取った優しさ、愛する気持ちは、繋がっていくこと。親子とは。子育てとは。生きていくこととは。

日常の記憶の向こう側には、お互いが抱いてきた大切な時間の積み重ねがあるんですよね。
いろんな意味で考えさせられる感動の絵本です。そういう意味では、大人が対象の絵本かもしれません。

アヒルと小さな赤ん坊のワニが、あおい池で重なってぷかぷか泳いでいる表紙の絵が、なんとも幸せで、ありがたくて、温かくて、思わず絵本を抱きしめてしまうのです。

わたしにとって、ここ最近で一番のお気に入り絵本。

今月の支援施設での読み聞かせも、この絵本を使う予定です。

みんなが温かい気持ちで、笑顔になれますように。





《コラム執筆者》
福島千佳(ふくしまちか)


さくらい読書会「子ども読未知(よみち)」ボランティアサークル代表
私立高校非常勤講師
心理カウンセラー

>> ホームページ「子ども読未知のへや」



国語力を育てるメソッド塾
「ことばの森」
(2021年4月開校)
小学校3年生~6年生(各学年10名限定)対象

*作文やスピーチなど、ことばのアウトプットを中心に授業をしています*


隔週火曜日3年生17:00~
4年5年18:00~6年19:00~
(学年により第一・第三火曜日か、第二・第四火曜日で実施・月2回5000円)

【場所】桜井駅北口より徒歩1分
    「ASTEビル」2階

【お問い合わせ】 090-4279-1511(福島)


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ


  • 【子育てコラム】女性の愛情曲線