子育てコラム生活
2021/12/22 05:00
ぱ〜ぷるmama

【子育てコラム】グローバル子育て環境の作り方

【子育てコラム】グローバル子育て環境の作り方

Hello! 世界を遊び場、学び場に!菖蒲池、新大宮のキッズ英会話スクール「Iris英会話Club」のTaishiです。


Taishiが日々の子育て、英会話教室、少年サッカーチーム富雄FCで実践している子どもがグローバル社会で活躍できる接し方や方法をご紹介いたします。

あなたのお子さんが国際社会で活躍できるための子育てのヒントになれば幸いです。

今回は、子どもが自然とグローバル社会で活躍できるマインド(心構え)を待つ方法をご紹介したいと思います。

さて、今回紹介するその方法とは、
「パパママができるグローバル社会の環境作り」なのですが、
「えっ、そんなのどうやって作っていいかわからない」なんて声もちらほら聞こえます(汗)

環境が身近になると、お子さんのグローバル精神が育つきっかけになります。

とは言うもののTaishiも20代のカナダへ行く以前は、グローバルのグの字も無く、英語にも相当な苦手意識がありました。(特に学校の英語が…汗)

カナダでの経験が大きかったのは間違いがないのですが、兎にも角にも環境と動機付けがとても大事だと経験から感じました。

帰国してからは外国人の多いクリスチャンの教会によく遊びに行ったり、外国人がよくいるイベントに参加したりするなどして、英語が使える環境作りを心がけていました。

今も友人知人に外国人がよく集まるイベントを教えてもらったり、インターネットでサークルなども探したりしています。

ちなみにTaishiの住んでいる自治体では、グローバル子育てのサークルもあり、息子と一緒によくそのサークル主催のイベントに参加しています。

欧米の方やアジアの国の方や、日本在住歴が長い方もいらっしゃるので日本語も話される方も多いです。

奈良県が運営している公式ホームページ内に、国際協力・国際交流・ホームステイというページがあり、国際交流ができるサークルや団体の>> HPリンクもあります。

もし、まわりに外国人のお友達がいない場合、一度奈良県のホームページにアクセスして、周辺に国際交流団体がないか確認してみると、休日の親子での楽しみが一つ増えること間違いなしです。

ただ、Taishiは休みの日はゆっくり過ごしたいこともあるので世間のパパママに無理やり行かせるつもりは毛頭ありません。
だって平日は仕事で疲れていて、土日はゆっくりしたい気持ち、ものすごくわかります!

だからパパママのスケジュールと体調、そして気持ちが整ったとき、お子さんのためのグローバルな環境作りの一歩踏み出してみませんか。




【コラム執筆者】
浅田泰史


菖蒲池、新大宮の子ども英会話教室Iris英会話Club代表、時々富雄FCコーチ。元偏差値30台の学生。北京、スイスで障碍者スポーツ選手の通訳経験有り。
>> ホームページ


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ