子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】junaida(ジュナイダ)さんの絵本

【子育てコラム】junaida(ジュナイダ)さんの絵本

こんにちは。桜井市を中心に、絵本と朗読の読み聞かせボランティアサークル「子ども読未知(よみち)」の代表をしています、福島千佳です。


まずはjunaidaジュナイダさんの紹介を。



1978年生まれ。画家。京都在住。

2007年から2011年まで芸能プロダクションAMUSEにアーティストとして所属。

2014年より、京都精華大学客員教授に就任。ボローニャ国際絵本原画展2015入選。

近年は、三越クリスマス催事への作品提供や、西武グループによるSEIBU PRINCE CLUBのポスターなどを担当。



最近注目の絵本作家さん。ご存知の方の多いかもしれません。

子どもの絵本というよりは、おしゃれな雑貨屋やカフェにさりげなく置かれています。

先日は美容院に飾ってあるのを見かけました。飾っているだけで絵になる絵本。

今日はjunaidaさんの絵本、(わたしが思わず買った)3冊紹介します。



「Michi」





両表紙のスタイルなので、どちらからぺージを開いてもOK。片方から開くと、男の子が旅をしていて、もう片方から開くと、女の子が旅をしています。

いつか絵本の中間で男の子と女の子が出会うシンプルな構成。

この絵本には文字がなく物語はないのですが、想像力と絵のチカラだけで読み進める絵本です。

感性を刺激され、絵本の世界に入り込んじゃいます。この絵本でボローニャ国際絵本原画展に入選しました。

とにかく絵が素敵。



「の」






タイトルの「の」が、表紙に小さく書かれていて、「の」??と手に取った方もいるのではないでしょうか?

こちらも画集のように美しく素敵な女の子の絵が描かれています。

「の」でどんどんお話がつながっていく展開のおもしろさは、子どもの心に遊び心と言葉の楽しさを与えてくれます。つぎはどうなっていくのか、どんどんページをめくりたくなる絵本。最後の終わり方もかわいい。お気に入りのページも人それぞれあるのではないでしょうか。個人的には、部屋の棚にこっそり置いておきたい絵本です。



「怪物園」





「はるかいにしえの時代から、怪物園は、たくさんの怪物たちをのせて長い長い旅をつづけていました」で始まる怪物が主人公のストーリー。ちょっぴり怖い怪物だけど、よく見るとかわいくユーモラス。

絵の好きな男の子へのプレゼントや、クリスマスプレゼントなんかにピッタリ。話題の絵本で、でもちょっぴり高いので、プレゼントにはよろこばれること間違いなし!

junaidaさんの絵本は、大人にも子どもにも魅力的。

本屋さんでも話題の絵本として、ほとんどの絵本コーナーに置いています。

ぜひ手に取って、その魅力を感じてみてください。





《コラム執筆者》
福島千佳(ふくしまちか)


さくらい読書会「子ども読未知(よみち)」ボランティアサークル代表
私立高校非常勤講師
心理カウンセラー
>> ホームページ「子ども読未知のへや」



国語力を育てるメソッド塾

「ことばの森」
(2021年4月開校)

小学校3年生〜6年生(各学年10名限定)対象

(5年6年は9月開校予定)

*作文やスピーチなど、ことばのアウトプットを中心に授業をしています*

隔週火曜日3年生17:00〜

4年5年18:00〜6年19:00〜

(学年により第一・第三火曜日か、第二・第四火曜日で実施・月2回5000円)

【場所】桜井駅北口より徒歩1分

    「ASTEビル」2階

【お問い合わせ】 090-4279-1511(福島)


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】基本的信頼感と自己肯定感


  • 子どもを真ん中にして考えよう 【子どものふくし − 里親制度 −】


  • 【玉井先生セミナー動画配信】– Vol.43 – 子どもたちが必ず持っている“強み”①


  • 【子育てコラム】自然を楽しもう


  • 【子育てコラム】夢を見える化する魅力


  • 【子育てコラム】子どもの自己主張は家族の成長