子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】赤ちゃんと気持ちを伝え合う方法

【子育てコラム】赤ちゃんと気持ちを伝え合う方法

ハッピー子育てplus代表 保育・子育てプロデューサー・保育士ゆきの直子です。


15年の保育士時代に延べ500人近い保護者や子どもとの出会いから子育てママの悩みを解決し、現在はママのメンタルを整えるお仕事をしています。

ぱーぷるmamaでは、特に就園・就学前の子どもを育てるママの役に立つ情報をお届けします。

「赤ちゃんの気持ちがわからない」

「赤ちゃんに思いが伝わっていない」


赤ちゃんって思った以上に反応が薄いですよね。

だから、コミュニケーションにお悩みの新米ママが多いもの。

ゆきの流で、赤ちゃんとコミュニケーションをとるときには…

①『一緒の姿になる』

寝るとき以外、赤ちゃんの横でゴロンと横になり目を合わせたことはありますか??

抱っこして、目線を合わせる。

これも素敵なコミュニケーションですが、寝転んで、赤ちゃんに目線を合わせる。

赤ちゃんの姿に合わせる。

これ、とてもいいのです。

赤ちゃんとつながっている、伝わっているという感覚が得られるんですよ。

この言葉にしづらい感覚を誰か研究してほしいぐらい。

脳科学者さんがいいかなー。

抱っこしたときの赤ちゃんの顔と、一緒に寝転んだときの赤ちゃんの顔って別物なんですよ。

「おっ、私に合わせてくれるの」

「あら?初めまして、あなただれ?」

なんて感じでジーッと見てくれます。

原因不明でぐずっているときにも、効果がありました。(ゆきの調べですが)

立っているママだからこそ"抱いて構って欲しい"と泣くのかな?と思うほど寝て顔を合わせると、気分が変わる赤ちゃんは多いものです。

まだ歩かない赤ちゃんがいるママ、だまされたと思ってお試しください。

②赤ちゃんの言葉を真似する

赤ちゃんは、クーイングしたり喃語を発したりしますよね。

「ああー」「まんまんま」とか。

その言葉をただ真似る。それだけです。

姿勢は赤ちゃんと同じスタイル・目線がおすすめ。

それだけなのですが、赤ちゃんに効果は絶大。

「ああー」って真似られると「あうー」とか、音を変えてくるのです。

そしてまた同じように「あうー」と答えると赤ちゃんがまたアレンジして…

"あー、赤ちゃんも言葉遊びができるんだな"と思う瞬間です。

そして、赤ちゃんの調子がいいときには、ママがちょっと言葉をアレンジすると、それを聞いて赤ちゃんが真似をしてくれることもあります。

会話ができない赤ちゃんでも音を使って遊ぶことができて、それに興味を持ってくれている。

赤ちゃんが実際何を考えているのかはわかりませんが、ご機嫌な我が子の姿、興味津々な姿を見ることができると、ママは赤ちゃんとコミュニケーションがとれていると感じることができると思いますよ。





ハッピー子育てplus
保育・子育てプロデューサー

ゆきの直子

知的障害児施設に1年、乳児保育園に14年保育士として勤務。

2017年「ハッピー子育てplus」を創設。

子どもとママの両方へのアプローチが好評。

相談、講演依頼はブログより受付。

>> ブログ
>> Instagram
LINE@
>> 無料メルマガ


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子どもとの接し方で大切にしていること


  • 【子育てコラム】家庭のダイバーシティー


  • 【子育てコラム】運動あそびとからだ⑤


  • 【子育てコラム】紙コップであそぼう。


  • 【子育てコラム】子どもの病気と仕事


  • 【子育てコラム】「絵本は怒りながら読んじゃダメ?」