子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】自然の厳しさに

【子育てコラム】自然の厳しさに

今回は自然との共有の大変さについて書かせていただきます。


実家は兼業農家で、父は木材を扱う仕事に行きながら、お米と夏はすいか、秋から冬にかけて白菜 、大根を作り、市場に出荷していました。

私たちは、夏休み・冬休みは出荷の手伝い、稲刈りをしていました。

市場に行くのが楽しみで手伝いをしていたのを覚えてます。



小学校5年生6年生のころ、よく畑ですいかをバケツリレーのように運んだのが楽しくて、手を滑らせて割れたすいかをおいしく食べたことを覚えています。

冬休みは冷たい水で大根1本ずつ洗うのが嫌で嫌でしかたない、辛い思い出があります。よく働く父で、一緒に母も愚痴ひとつ言わず働いてました。

朝早くから日がくれるまで、そんな両親の背中を見て育ち、農業をすることは嫌ではなかったのでしょう。

しかし、結婚する相手が専業農家で柿を作るとなると大反対でした。

また、子どものいるところに嫁ぐとなると、苦労が目に見えてますから、今になってよく結婚したなあと思いますし、自分の子どもだったら反対したかも知れません。

柿作りは1年かけて手入れをして、10月半ばから12月初めまでの間に収穫します。

1年に1回しか収入がないので、梅を作ったり、桃や梨などを作ったりして、地域の人達は収入にしていました。

柿山は6個あるので、手入れをするだけでいっぱいで、梅を少ししていただけでした。

12月初めまで収穫して、終るとすぐに剪定といって来年のために元気のない枝は切ります。

切った枝を畑でまとめてヒモで縛り、持ち帰ってお風呂を沸かすシバにします。

それが女の人の仕事になっています。

畑で葉っぱを燃やすのは、地面に細菌がいるからで、きれいに燃やします。そのあと、肥料やりをします。

4月から、ひと月に1回消毒します。それと平行に摘果。1枝に1個だけ実を残します。この作業が何ヵ月も続きます。

やっと終わるかなあと思っても、ちょうど台風のシーズン。

柿の実を吸うカメムシの被害の病気もつきます。

丹精込めて作っても、台風で一瞬に柿の木が飛ばされなくなったことも。



自然の厳しさは身にしみます。しかし、毎日毎日柿山に行き、おいしい柿が実り、その柿を26年ずっと買いにきてくれるお客さま!!

おいしいおいしいと言ってくださるお客様の顔が励みになり、今までやってこれました。

主人が亡くなり、どうしようか悩みました。子どもたちは大変さを知ってますし、今は農業をしないみたいです。

私が元気な間、主人が頑張って残してくれた畑1つだけ作ってます。

今年は夏の長雨で大量の病気が発生しました。でもその柿を収穫しないと木が弱ります。ほとんどダメかなぁと思ってますが、やるしかない。

自然のめぐみのすばらしさと残酷さは背中あわせです。

農業をしている宿命ですが、やっぱり続けていきたい、この地でと思ってます。

よい柿がまた実りますように。





【コラム執筆者】
桐山昌代


1960年生まれ。下市町に生まれ育つ。28歳で地元の富有柿の専業農家に嫁ぐ。4人の子どもと両親の8人家族。毎日の食生活改善が大切だと薬膳アドバイザー健康管理士の資格を取得。

>> Facebook
>> 吉野のめぐみ オンライン店舗


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子どもとの接し方で大切にしていること


  • 【子育てコラム】家庭のダイバーシティー


  • 【子育てコラム】運動あそびとからだ⑤


  • 【子育てコラム】紙コップであそぼう。


  • 【子育てコラム】子どもの病気と仕事


  • 【子育てコラム】「絵本は怒りながら読んじゃダメ?」