子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】正しい睡眠儀式の取り入れ方

【子育てコラム】正しい睡眠儀式の取り入れ方

ハッピー子育てplus代表 保育・子育てプロデューサー・保育士ゆきの直子です。


15年の保育士時代に延べ500人近い保護者や子どもとの出会いから子育てママの悩みを解決し、メンタルを整えるお手伝いをしています。

ぱーぷるmamaでは、特に就園・就学前の子どもを育てるママの役に立つ情報をお届けします。

入眠儀式って聞いたことありますか?

入眠儀式とは、寝る前に決まったことをして、子どもが寝る時間だということを知り、無理なく入眠できるようにするという習慣のことです。

例えば、

・絵本を読む

・子守唄を聞かせてもらう

・牛乳・ミルクを飲む

・ぬいぐるみに挨拶する


などなどたくさんあります。


以前子育てコンサルのクライアント様に、育児のアドバイスとして、"入眠儀式をすると子どもが寝る気になるので、子どもに合うものが見つかるまで、いろいろ試してみるのがよい。"と書いてあるという話を聞きました。

うーん、微妙に違います。

それ勘違いしたらアカンやつです!!

毎日、取っ替え引っ替え入眠儀式を試してみても何にもなりません!!

だって、儀式はある程度習慣化しなくては意味がないから。

そうでなくては、眠たい時間にいろいろ試されて、子どもはただただ混乱するだけ。


入眠儀式を試してみる順番としては、

① どんなことが入眠儀式として使えそうかを考えて、選択肢を用意する。

② 子どもに入眠儀式を取り入れることを伝える。

③ 試してみたいものから順に試してみる。

まず1つ「これをする」を決めて、それを1週間試す。←ここ肝心です。


子どもって何故か1週間単位で、慣れることが多いのです。

これは長年の保育経験から得た知識なのですが、受け入れられるものは大抵1週間で慣れます。

長男の最後のトイトレ(それまでに長い年月かかりました)も、次男の夜間断乳も1週間以内にできるようになりました。

お子さんにぴったりの入眠儀式を探すには、ママが無理なくできそうなものから1つを選んで1週間ずつ試してくのが最短の方法だと私は考えています。

あっ、とっても基本的なことですが、入眠儀式はもちろん子どもの好きなものにしてくださいね。

たとえば、牛乳嫌いの子どもに牛乳を飲ませるとか、怖い絵本が苦手な子に『ねないこ だれだ』を読むなんていうのはNGです。

これは、拷問でしかありません。

寝る前は、穏やかな気持ちで眠れるのが一番いいのです。

子どもの好きなもの、ママが取り組みやすいことで、オリジナルの入眠儀式を作ってくださいね。




ハッピー子育てplus
保育・子育てプロデューサー

ゆきの直子

知的障害児施設に1年、乳児保育園に14年保育士として勤務。

2017年「ハッピー子育てplus」を創設。

子どもとママの両方へのアプローチが好評。

相談、講演依頼はブログより受付。

>> ブログ
>> Instagram
LINE@
>> 無料メルマガ



スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】基本的信頼感と自己肯定感


  • 子どもを真ん中にして考えよう 【子どものふくし − 里親制度 −】


  • 【玉井先生セミナー動画配信】– Vol.43 – 子どもたちが必ず持っている“強み”①


  • 【子育てコラム】自然を楽しもう


  • 【子育てコラム】夢を見える化する魅力


  • 【子育てコラム】子どもの自己主張は家族の成長