子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】母の願い

【子育てコラム】母の願い

今回は姑、桐山良子さんのお話です。


大正14年、4人姉妹の長女生まれる。

家庭はまずまず。経済的には恵まれていて、それなりに教育も受けられたようです。

賢い人でした。

若いときは京都で働いていて、結婚のために奈良に帰って来ました。

結婚相手はすでに決まっていて、後継ぎのために婿養子を迎えました。

結婚してたくさんの山を耕して、柿の木を植えました。

男の子2人を出産しましたが、長男を育てるときは母乳が出なかったため、ヤギの乳で育てたと言っていました。

私が結婚した当時はまだ元気で、柿山に出て現役でした。

家庭の仕事もこなし、柿山でも働く姿には頭が下がりました。

私に子どもが生まれ、なかなか山に出られなくても、何も言わずに自分のペースで仕事をしました。

私も2人の女の子ができましたが、上の子が幼稚園に入り、下の子が3歳になると、外に働きに出ました。そのときも、孫の面倒を見ながら働いてくれました。

専業農家の嫁が働きに出ることは、その当時は近所の噂にもなりましたが、全て家族のためでした。その頃から果物離れが顕著となり、市場に出しても安く、また災害も多く、柿だけでは生活が安定しなかったからでした。

母は日頃より、よく感謝をしていました。

朝日が昇ると太陽に手を合わせて「今日も1日元気で過ごせるように」、夕暮れは、「ありがとうございました」と手を合わせて感謝していました。

そして「私は、コロッとあの世に行くから心配しないでよ」と言って、仏壇に手を合わせて、本当に元気に毎日過ごしていました。

洗濯も、自分の物は自分でしていました。

平成29年3月10日、ショートステイから戻り、大好物の天ぷらを「おいしい!」とぺろりと食べ、11日の夜、大好きなお風呂に入り、主人が湯加減を聞くと「やっぱり家のお風呂は気持ちいいわー」と言って旅立ちました。

本当は施設から12日に帰る予定でしたが、何となく2日早く連れて帰ったのでした。

ほっとしたのでしょう。

そして驚きました。



私の次女が5歳のとき、次女を仏壇の前に呼んで「自分に何かあればこの写真を使って欲しい」と言っていたようです。

私達は何も知りませんでしたが、娘は覚えていて、なんと手紙まで書いていました。

「2人の息子7人の孫に恵まれて幸せです」と。

母の願いどおりの最後でした。



母を見習って感謝の気持ちを持ち、私もこんな人生を送りたいと思います。

私の娘たちは「良子さんのおにぎりが最高や!」と今でも言います。

私も母の後を追いかけ「あーちゃんの〇〇が最高や!」と、孫たちに言われるようになりたいと思います。

言葉にするときは、決してマイナスのことは言わない。

プラスの前向きな生き方は、その人もまわりも幸せになれると母の願う姿から教えられました。

嫁姑問題いろいろとあるかもしれませんが、私の母は我慢強かったのだと思います。

あっぱれ!良子さんの人生。

ありがとう。





【コラム執筆者】
桐山昌代


1960年生まれ。下市町に生まれ育つ。28歳で地元の富有柿の専業農家に嫁ぐ。4人の子どもと両親の8人家族。毎日の食生活改善が大切だと薬膳アドバイザー健康管理士の資格を取得。

>> Facebook
>> 吉野のめぐみ オンライン店舗


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子どもとの接し方で大切にしていること


  • 【子育てコラム】家庭のダイバーシティー


  • 【子育てコラム】運動あそびとからだ⑤


  • 【子育てコラム】紙コップであそぼう。


  • 【子育てコラム】子どもの病気と仕事


  • 【子育てコラム】「絵本は怒りながら読んじゃダメ?」