子どもの教育
2021/09/03 00:00
ぱ〜ぷるmama

自然とあそぶ 自然でモノづくり 「身近な自然で遊ぼう、表現しよう②」

自然とあそぶ 自然でモノづくり 「身近な自然で遊ぼう、表現しよう②」

\五感を育もう/


身近にある草花や野菜、水、土で遊んだり、作ったり、描いたり。

思わぬ発見や偶然性が生み出すアート作品ができあがるかも。

親子でアートを楽しむ活動『もりのいりぐち』主宰の森野ゆかりさんに、自然を使った遊び方やモノづくりを教えてもらいました。



氷あそび



氷も立派な遊び道具。絵具を水に入れて凍らせれば、つめたーい水彩画材になります。植物を閉じ込めればキラキラ光る標本に。手に持って溶ける様子を感じたり、画用紙の上で転がしたりと、ひんやりきれいで心地いい特別なあそびです。





ネイチャーパズル



画用紙に書いた線の中に貝殻や小石を敷き詰めていくお手軽パズル。「これはあそこで拾ったものだね!」「これは目と口だよ」と楽しい会話もはずみます。





スワッグ



ベランダやお庭のグリーンをあれこれ摘み取りまとめます。難しいことは考えないで輪ゴムでとめたら出来上がり。ペーパーナプキンや毛糸でアレンジをするのもオススメ。お部屋にぶら下げておくと、ナチュラルで思い出深いアクセントになります。





草花ステンドグラス



段ボールの真ん中を切り抜いたら立派な額に早変わり。段ボールにラップを敷いて、その上に好きなお花、葉っぱを並べて、ラップ、段ボールの順に糊付けしていきます。曼荼羅模様にしてみたり、顔や動物、車の絵柄にしても。窓辺にぶら下げると光に透けてとってもきれい。





センサリーバック



ジッパー袋に貝殻や石、葉っぱや小枝をいれたら、お好みの量の洗濯糊をそそぎます。指でつついたり、手のひらでゆっくり動かしてみたり。袋の中で色やアイテムが混ざり合うのはとってもきれい。泥も入れると中身が見えなくなって宝探しの気分で楽しめます。乳幼児さんには液が漏れないように、特にしっかりと閉じてください。





花寒天



通常どおりに寒天をつくる要領で液を作ります。少し冷めたら子どもの出番。用意しておいたお花や葉っぱでデコレーション。初めはきれいに閉じ込められたお花を観賞。型から出してゼリーのような断面を楽しんだら、手でぐにゅー。





ならべてかんさつ



大好きなものをならべてみたら、もっと好きになります。大きさ順?色の順?さわり心地が好きな順?思わぬこだわりポイントが垣間見えるかも。じっくり比べて、どんなものかを調べてみたら博士気分。





野菜人形



とれたての野菜も子どもにとっては最高の遊びの道具。胴体となる野菜に、針金を使って両手両足をさし、目のシールを付けたら人形に。調子が出てきたら帽子や口を付けたり、仲間を増やしてみても。楽しく遊んだあとには、きれいに洗って、親子で料理にチャレンジしてみよう。





枝工作



子ども達が大好きな枝とモールを用意して、何ができそうかな?とイメージを膨らませます。船かな?弓矢かな?家かな?形が思いついたらモールでぐるぐる。うまくできなくても大丈夫。いろんなものを作ってみよう。





自然のもので色遊び



おかしの箱に画用紙をはりつけて、絵具をつけたドングリやまつぼっくりをころころ。上に下に、左に右に。いろんな色で転がせば、偶然ですてきな模様が浮かび上がります。筆の代わりに使ってみても。





>>「自然とあそぶ 自然でモノづくり①」はコチラ!



教えてくれたのは
デザイナー
森野 ゆかりさん





1977年生まれ、奈良市在住。息子(小4)、娘(小2)の母。『博報堂アイ・スタジオ』のWEBデザイナーの経歴を持つ、フリーデザイナー。小学校の頃から絵を描くのが好きで、大人になって旅先などでスケッチブック片手に風景を描いていた。所属していた子育てサークルで、子どもたちの似顔絵を描いて名札に貼ったことをきっかけに、似顔絵を描く『おかおえや』としてイベントに出店。親子で絵や工作を親しみ楽しめる活動『もりのいりぐち』主宰。





アートコミュニティ
『もりのいりぐち』


学校が臨時休業だった2020年3月〜5月の間に、小学校低学年に向けて、野外やオンラインでアートを楽しむ機会を作ったことをきっかけに活動を開始。現在はアートを”いりぐち”としたお母さんネットワークによる、地域コミュニティの形づくりを目指して活動中。

[活動日]月に2回程度(不定期)

子どもアトリエ

『もりのいりぐち』


学校に行きにくさを感じている小中学生を対象にした小さなアート教室。築90年の古民家を建築士がリノベーションしたゆったりとした空間で制作を楽しみます。

[活動日]平日の午前中・月に2回程度(不定期)

[会 場]アーティスト・イン・レジデンス

「SPACE DEPARTMENT」

奈良市平松1丁目27-12

>> Googleマップはコチラ!

(近鉄尼ヶ辻駅徒歩10分)

[問合せ]>> MAILまたは>> Facebookにて



関連特集

>>自然とあそぶ 自然でモノづくり「身近な自然で遊ぼう、表現しよう①」

>>自然とあそぶ 自然でモノづくり「奈良の木に学ぼう、創作しよう」

>>自然とあそぶ 自然でモノづくり「身近な木で楽器を作ろう」

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 7月2日は日本がユネスコに加盟した日【奈良県的今日はな何の日?】


  • 災害対策にも役立つGISとは?奈良大学地理学科がGIS出張授業を実施


  • 【奈良育英グローバル小学校の目標】– Vol.48 – 教育環境のあり方と「STEAM」教育


  • 子ども向け 玉井満代先生のオンライン特別授業開催!朝小サマースクール2022


  • 【奈良育英グローバル小学校の目標】– Vol.47 – 母国語重視型トランスリンガルとは


  • 子どもを真ん中にして考えよう 【子どものふくし − 発達支援 −】