子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】未来のために読んでほしい一冊

【子育てコラム】未来のために読んでほしい一冊

夏休みも終わりました。


さあ新学期です。

わたしは「ことばの森」という国語力メソッド塾を経営していますが、保護者から「うちの子は本を全く読まないんです…」というお悩みをよく聞きます。

国語力をあげるためのひとつの課題に「読書」があります。本を読む子は、やはり国語力があがります。

読む癖がつくと、ちょっとした長文読解に対する理解も早いし、漢字も慣用句も自然と覚えます。

何より文章力や表現力がつきます。国語が苦手な子どもを持つ親としては「本を読んでほしい」は切実な悩み。

読書って、内容に興味がなければ読もうとはしません。

では、興味を持たせるにはどんな本を与えればいいのでしょう。

そこで今日は、小学生向け、子どもが興味をもつための「これなら読める」本をご紹介します。

これらの本は、「ことばの森」の貸し出し本として購入しましたが、子どもの興味をグッと引き付けたのでおすすめです。



「ざんねんな偉人伝」
真山知幸著(学研プラス)


エジソン、野口英世、アインシュタインなど、歴史を変え、時代を作った天才たち。しかし、彼らの素顔は、失敗をくり返し、トンデモ行動のオンパレード!! 超変わり者だったなんてことを、おもしろおかしく書かれてあります。遠い遠い存在だった偉人も、こうしてドジだったり、無茶振り野郎だったりするあたり、人間性が見えて共感をおぼえるようです。けらけら笑いながら読んでいます。こうしてその偉人に興味を持ち、本来の伝記を読んだり、調べたりすることが、楽しく学ぶこと。本を手に取るきっかけづくりになると思うのです。



「世界のすごい女子伝記」
キャスリン・ハリガン著
(講談社)


ジャンヌ・ダルクからマララ・ユスフザイまで、時代を越えて人々に勇気と希望をもたらす女性たち50人の新しい伝記絵本です。1人1見開き展開のオールカラーページだから読みやすい。めちゃくちゃわかりやすくまとめられてるので、超長い伝記本を読む前に、どんな人だったかザックリわかります。その人その人の心に残るお話やエピソードが書かれ、気鋭の英国人イラストレーターによる美しい挿絵もまた楽しい。読書が得意でなくても読み進められる1冊。こちらも興味を持てば、伝記だって、ぶ厚い本だって、読むきっかけになるはずです。贈り物にも最適な1冊です。

小学生から中学生や高校生にでも、楽しく読める本です。

まずは興味を持ってくれること。その偉人の人生を知り、失敗を知り、身近に感じることから。ひとりの人生から受け取ったメッセージ、それは子どもの未来に大きな影響を与えられるかもしれません。




《コラム執筆者》
福島千佳(ふくしまちか)


さくらい読書会「子ども読未知(よみち)」ボランティアサークル代表
私立高校非常勤講師
心理カウンセラー
>> ホームページ「子ども読未知のへや」



国語力を育てるメソッド塾

「ことばの森」
(2021年4月開校)

小学校3年生〜6年生(各学年10名限定)対象

(5年6年は9月開校予定)

*作文やスピーチなど、ことばのアウトプットを中心に授業をしています*

隔週火曜日3年生17:00〜

4年5年18:00〜6年19:00〜

(学年により第一・第三火曜日か、第二・第四火曜日で実施・月2回5000円)

【場所】桜井駅北口より徒歩1分

    「ASTEビル」2階

【お問い合わせ】 090-4279-1511(福島)


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 「ぱーぷるmirai VOL.38 夏号」ができました!


  • 【子育てコラム】子どもの上手なしつけ方4つのポイント


  • 【子育てコラム】基本的信頼感と自己肯定感


  • 子どもを真ん中にして考えよう 【子どものふくし − 里親制度 −】


  • 【玉井先生セミナー動画配信】– Vol.43 – 子どもたちが必ず持っている“強み”①


  • 【子育てコラム】自然を楽しもう