子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】よかれと思ってしたことを責められた時

【子育てコラム】よかれと思ってしたことを責められた時

次に何かをするのが怖くなる。


相手が喜ぶと思って準備したこと、考えたこと。

そこに目を向けられるようにしたいと日頃から思っております。

私は大人だけれど、昔に怒られたことの恐怖のトラウマから、大きな声などを恐いと感じてしまうのですが、そんなときは「何かをしよう」より、「怒られないようにしよう」という気持ちが働きます。

「前に言ったよ」「何回も言ってる」「こんなのもわからないの?」といった言葉が私を苦しくさせます。

そして、自己防衛が働いて体と心が緊張し、何もできない、言葉が入ってこないということが起こります。

子どもも同じなのかな?とふと思います。

何かをやってみたり、実は工夫したり、喜ばせようとした行動だったかもしれないのに。

例えば料理を作った時に、工夫していつもより上手くできた!と思って出したら、「いつものがいい」とか「これは嫌い」と言われたら、「もう、新しいことやめる。いつもと同じのにする」ってなるかもしれません。

しかし、相手の行動がこちらの想像とは違った時でも、「どうしてそう思ったの?」「それも面白いね!」とその奥の気持ちを見ようとすることが大切なんだと思います。そして、奥にある気持ちを知れば、次はもっと工夫してみよう!と新しいことへのハードルが下がるように思います。

とはいえ、心が緊張してしまうと、なかなかできないものです。それでも大丈夫。できないのが悪いのではありません。そうしたいと思ったなら、何か方法かあるはずです。

1人で悩まないでくださいね。親も子どもも同じで、正解のない道を進んでいるんですから。

どうしたいか?どうするか?は【自分】で決められます。まずは、自分を大切にしてみて下さいね。

今日も素敵な1日になりますように!

>> 【聴くコラム】



《コラム執筆者》



鍼灸師・小児はり師・整体師
09miwa


子供とママの笑顔を増やす活動をしています。自分の体や気持ちを整えてたい時はご相談くださいね!

【自分の体と心の使い方を整えます】

▲『小児はり』→刺さない、気持ちの良いはり。0歳〜小学生。夜泣き・便秘・イライラ・免疫力向上・小児神経症 など

▲『ママ整体』→呼吸しやすい体つくり。肋骨と骨盤を整え、リラックスできる体作りします。

>> 【聴くコラム】



スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】心配しすぎるよりも出来ること


  • 「ぱーぷるmirai VOL.40 冬号」ができました!


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!