子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】「ことば遊び絵本」は楽しいだけじゃない!

【子育てコラム】「ことば遊び絵本」は楽しいだけじゃない!

こんにちは。桜井市を中心に、絵本と朗読の読み聞かせボランティアサークル「子ども読未知(よみち)」の代表をしています、福島千佳です。


今日ご紹介するのは「ことば遊びの絵本」

そして、幼稚園児に人気で、何度読んでも笑ってくれる絵本です。

1冊目は「うし」内田麟太郎 著 アリス館



【うし】

2017年初版のまだまだ新しい絵本です。

この、うしのとぼけた表情の絵と、うしうしうしうしうし・・・と続く言葉のつながり。

読んでる方は淡々と読んでいても、子どもたちは、ひっくり返って笑います。

この絵本は、パパやおじいちゃんなんかが読むと、絶対ハマるはず。ぜひ男性の声で、おもしろおかしく読んであげてください。簡単な言葉の羅列なので、子どもたちの音読も楽しいと思います。

2冊目は「うえきばちです」川端誠 著 BL出版



【うえきばちです】

こちらも楽しい絵本です。のっぺらぼうを植えるお話で、め、は、はな、が次々出てくる展開に初めは目がテンでしたが、展開がおもろしく何回読んでも笑えます。

本が嫌いな子にも、興味を持ってもらえる絵本です。ラストのオチはぜひ絵本でどうぞ!

わたしたち読み聞かせボランティアのプログラムでは、1冊めの「うし」も同様、最初の導入に使います。

まず興味を持ってもらい、本の世界に入ってもらうために有効な絵本です。

これら「ことば遊び絵本」は、「中身がない」、「買うのはもったいない」と話す親御さんもいますが、立派な役目を持っています。

子どもが,言葉に関する感覚を豊かにし,言葉遊びなどを通して言葉を豊かにする上で,「絵本」はとても大きな役割があるのです。

谷川俊太郎さん、五味太郎さん、中川ひろたかさんなど、他にも「ことば遊び絵本」はたくさんあります。

落語の本や、だじゃれの本も楽しく言葉を知ることができます。また、ことば遊びの絵本は、楽しめる時期が長く、小学校高学年、中学生にも楽しく読んでもらえます。

幼時期から小学生までのお子さまで「ことば」を楽しみはじめたら、こちらもおすすめ。

「しりとりしましょ!たべものあいうえお」

さいとうしのぶ 著 リーブル社




【しりとりしましょ!たべものあいうえお】

絵がかわいく、わかりやすいので、楽しみながら言葉を覚えられます。

時々「ん」で終わる部分もありますが、これはしりとり番犬が登場して仕切り直し。こんな演出も楽しいです。

こちらは、親子で声に出しながら楽しみましょう。




《コラム執筆者》
福島千佳(ふくしまちか)


さくらい読書会「子ども読未知(よみち)」ボランティアサークル代表
私立高校非常勤講師
心理カウンセラー
>> ホームページ「子ども読未知のへや」



国語力を育てるメソッド塾

「ことばの森」
(2021年4月開校)

小学校3年生〜6年生(各学年10名限定)対象

(5年6年は9月開校予定)

*作文やスピーチなど、ことばのアウトプットを中心に授業をしています*

隔週火曜日3年生17:00〜

4年5年18:00〜6年19:00〜

(学年により第一・第三火曜日か、第二・第四火曜日で実施・月2回5000円)

【場所】桜井駅北口より徒歩1分

    「ASTEビル」2階

【お問い合わせ】 090-4279-1511(福島)



スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】和食でほっこり、だし醤油のすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ