子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】梅雨仕事あれこれ

【子育てコラム】梅雨仕事あれこれ

今年の梅雨は、早く訪れて、何もかも仕事がはかどらずにいます。この時期の柿山は、花が咲き、ミツバチを入れて受粉を行います。


ミツバチの箱は、リースをして2週間ほどおきます。その間、ミツバチは花の蜜をたっぷり運んできて、業者に返します。

柿の木の枝1本にはたくさんの実がなり窮屈そうで、そのままにしておくと傷だらけになるので、枝には、1個だけ残して、あとは落とします。

手作業で、なかなか根気のいる作業です。

雨が降ると草は伸び放題になり、草刈りに追われます。

雨が降らないときは、山椒の実の収穫をして、販売しています。

雨の日は、梅の実を収穫したものを梅干し、梅ジュースなどたくさん仕込みます。

他にも、フキの佃煮の加工と毎日、忙しくしております。

柿の葉は新芽も大きくなり、柿の葉ずし作りもこのころから始まります。



山に入るとたくさんの野草があり、今はどくだみ、スギナ、柿の葉などを採取して、お天気の日には乾燥させています。

野草とハーブも乾燥させ、スッキリした味のお茶を作っています。



〈フキの佃煮の作り方〉



フキ1kgに対して、醤油、お酒、みりんを各200cc

フキはさっとお湯を通してあげる。山椒の実と調味料を全部入れて、水分がなくなるまでじっくりと炊きます。

山椒が効いてピリッとした辛さがくせになる、あたたかいごはんに最高のごちそうです。



〈梅シロップの作り方〉



今が旬の梅ジュースは、青梅1kg、氷砂糖1kg

梅の黒いヘタを取り除きます。梅をキレイに洗って、水気をふき取ります。梅に傷を少しつけるために穴をあけます。保存瓶に氷砂糖と梅を交互に入れています。

1日に2〜3回瓶をふって、氷砂糖を溶かして水分を出すように回します。

だいたい、2〜3週間で梅シロップができあがります。水、炭酸水、牛乳などで割って飲むと爽やかで香りの良い梅ジュースになります。

これからの夏に向けた疲れやすい日が多くなりますが、梅と野草茶で疲れない体を作ります。




【コラム執筆者】
桐山昌代


1960年生まれ。下市町に生まれ育つ。28歳で地元の富有柿の専業農家に嫁ぐ。4人の子どもと両親の8人家族。毎日の食生活改善が大切だと薬膳アドバイザー健康管理士の資格を取得。

>> Facebook
>> 吉野のめぐみ オンライン店舗


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子どもとの接し方で大切にしていること


  • 【子育てコラム】家庭のダイバーシティー


  • 【子育てコラム】運動あそびとからだ⑤


  • 【子育てコラム】紙コップであそぼう。


  • 【子育てコラム】子どもの病気と仕事


  • 【子育てコラム】「絵本は怒りながら読んじゃダメ?」