子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】ちょっと話題の韓国からきた絵本

【子育てコラム】ちょっと話題の韓国からきた絵本

「あめだま」ペク・ヒナ


絵本の世界でちょっと話題。韓国のペク・ヒナさんをご存知ですか?

絵本コーナーで初めて見たとき、あまりのインパクトに思わず手に取った私。

そして立ち読み、即購入。一瞬で大好きになった絵本です。

この絵本が変わっているのは、人形制作アニメーションの絵本だから

個性的な主人公の男の子の表情や、緻密なセットづくり。全てがペク・ヒナさんの手作りなんです。

この男の子とあめだまのビジュアルは、忘れられません。

韓国からやってきたこの絵本が、国境を越えて、こうして絵本コーナーの話題になっている理由は、それだけではありません。

予想を超えたファンタジーの中に、やさしく温かい愛情があふれてきます。

長谷川義文さんの関西弁の翻訳も、めちゃくちゃ楽しい。

主人公のドンドンというひとりぼっちの男の子が、最後に見つけた新しい友達の存在も心を温かくしてくれます。

また、ペク・ヒナさんは、2020年にアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞しており、ここ数年で絵本も続々と出版されています。これからが楽しみな絵本作家さんでもありますね。

韓国では、「あめだま」は発売から1年間で10万部を超す大ヒット。

ペク・ヒナさん曰く「自称・人形いたずら作家」。一男一女のお母さんでもあるそうです。

「あめだま」にはお母さんが登場せず、口うるさい父親が出てきます。

ひとりで遊ぶ主人公ドンドンは、内気で寂しがりやな男の子。

この子にはお母さんがいないの?

私以外にも、そう思う読者が多いようですが、そこは触れず読者の想像に任せています。

ペク・ヒナさんは、インタビューで「受け手が自分の状況に置き換え、理解してもらえるような、そんな形にしたかった」と話しています。

形にこだわらない多様性や、ファンタジーの中のリアリティなど、今までの絵本になかった要素が魅力の一つでもあると思うのです。

ペク・ヒナさんの絵本は、少しずつ揃えていきたいと持っています。

みなさんにも手に取ってもらいたい一冊です。




《コラム執筆者》
福島千佳(ふくしまちか)


さくらい読書会「子ども読未知(よみち)」ボランティアサークル代表
私立高校非常勤講師
心理カウンセラー
>> ホームページ「子ども読未知のへや」



国語力を育てるメソッド塾

「ことばの森」
(2021年4月開校)

小学校3年生〜6年生(各学年10名限定)対象

(5年6年は9月開校予定)

*作文やスピーチなど、ことばのアウトプットを中心に授業をしています*

隔週火曜日3年生17:00〜

4年5年18:00〜6年19:00〜

(学年により第一・第三火曜日か、第二・第四火曜日で実施・月2回5000円)

【場所】桜井駅北口より徒歩1分

    「ASTEビル」2階

【お問い合わせ】 090-4279-1511(福島)


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】英語力は環境から


  • 【子育てコラム】子どもが生まれてから変わった3つのこと


  • 【奈良育英グローバル小学校の目標】– Vol.48 – 教育環境のあり方と「STEAM」教育


  • 【子育てコラム】基本的信頼感を育てる遊び


  • 【子育てコラム】運動あそびとからだ②


  • 【子育てコラム】水とあそぶアート