子育てコラム生活
2020/12/31 00:00
ぱ〜ぷるmama
【子育てコラム】お米を見直そう

【子育てコラム】お米を見直そう

こんにちは。重ね煮と発酵食で命を支える。畑薬膳アカデミー代表、奈良の発酵ばあちゃん、竹村享子(きょうこ)です。


今年はツクシが顔を出すのが早いなと思っていたら、梅、スモモ、桜の花が次々に咲いて、一気に春になりました。

暖かくなるのはうれしい反面、これから気温が上がるにつれて、また暑い暑い夏がくるのだろうかと、心配になります。

地球温暖化がこのまま進んでいくと、これからの子どもたちの未来はどうなるのでしょうか。毎日の食の面から温暖化を考えてみたいと思います。

「お米を見直そう」

わたしが住んでいる田原本町には、唐古鍵遺跡という2400年前から800年間ほど栄えた、近畿地方屈指の弥生時代の大きな遺跡があります。

その遺跡から籾が見つかり、お米を栽培していたということが分かりました。弥生時代から現代までの2000年余り、ずっとお米が作られ食べられてきたのです。

日本の文化には、お祭りやお米が関係した行事がたくさんあります。

また50〜60年年程前までは、稲で門松や作物を入れる容器を作ったり、籾は肥料になったり捨てる部分なく、生活のいろんな所で使われてきました。

またお米は収量が多く採れて、同じ場所で作ることができる野菜です。水田はダム替わりになります。

そんなお米の自給率はほぼ100%。

パンの材料の小麦は、最近北海道や九州で作られるようになってきましたが、それでも自給率はたったの20%以下なのです。

遠い外国から石油を使って運ばれてくる小麦より、日本国内で作られるお米をもっと食べて欲しい思います。それが温暖化を食い止めるひとつの方法ではないでしょうか。

また小麦はグルテンが多いことにより、アトピー性皮膚炎の原因となったり、リーキーガット症候群という腸の病気にもなったりします。

それなのに何故こんなに朝ごはんはパン、という家庭が増えたのか。パン食は簡単だからという声が多いのですが、朝ごはんはお米とおみそ汁、それに佃煮や漬け物でよいのです。

健美膳料理教室では陰陽調和の重ね煮という名前で、簡単にできて美味しく健康的な料理をお伝えしています。

4月23日(金)に体験入門講座を行います。ご興味がある方、ぜひご参加ください。

>> 詳しくはコチラ!




【コラム執筆者】
竹村享子


畑薬膳アカデミー代表、健美膳料理教室(陰陽調和の重ね煮)、発酵伝承講座、畑野菜でワークショップ主宰

旬の野菜を用いた陰陽調和の重ね煮料理と、日本の伝統的な発酵食を次世代に伝えていく活動をしています。
>> ホームページ
>> Facebook
旬の野菜情報はメルマガでお知らせしています。

>> メルマガ


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【子育てコラム】子育てとジェンダー 「“申し訳なさ”は必要か」


  • 【子育てコラム】新しい仕事は赤ちゃん?


  • 【子育てコラム】ぞうきん作りにチャレンジ!


  • 【子育てコラム】本を読むなら紙のを読もう


  • 【子育てコラム】父親からみた母親の偉大さ


  • 【子育てコラム】女性の愛情曲線