奈良市
2021/10/14 07:01

【奈良市】平城宮跡資料館で木簡研究の最新成果を紹介!

実物の木簡と3Ⅾプリンタによる複製品

平城宮跡資料館では、毎年、秋期特別展として「地下の正倉院展」を開催し、平城宮・京跡出土木簡の実物展示をおこなっています。

2021年は「木簡を科学するⅡ」と題し、木簡のモノ(木製品・木質遺物)としての性質に着目した分析・調査や、自然科学分野の手法を応用した木簡研究の成果などを紹介します。

【奈良市】平城宮跡資料館で木簡研究の最新成果を紹介!

2014年の「地下の正倉院展」では、木簡の樹種や保存処理の方法、木製品としての特質などに焦点を当てた展示が行われました(「木簡を科学する」)。

今回の展示は、その続編にあたり、文字資料としての側面に注目が集まりがちな木簡に対して、通常とは少し異なる切り口から光を当てる展示となっています。

最新の調査・研究の成果から、未来の木簡研究のあり方に想いを馳せてみませんか。

ガラス板に挟んだ削り屑

年輪計測のための実体顕微鏡による観察

[写真提供:奈良文化財研究所]

開催日時


2021年10月9日(土)~ 11月7日(日)
9:00~16:30(入館は16:00まで)

1期:10月9日(土)~10月24日(日)
2期:10月26日(火)~11月7日(日)
※展示替え 10月25日(月)

2021年10月9日(土)~ 11月7日(日)
9:00~16:30(入館は16:00まで)

1期:10月9日(土)~10月24日(日)
2期:10月26日(火)~11月7日(日)
※展示替え 10月25日(月)

地下の正倉院展―木簡を科学するⅡ


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【2024】奈良のかき氷を次の世代へ「ひむろしらゆき祭」


  • 奈良国立博物館が総力を挙げて開催!「空海 KŪKAI ― 密教のルーツとマンダラ世界」【奈良市】


  • 【2024なら瑠璃絵・夜間特別参拝】奈良公園一帯で「幻想的な光」の演出!


  • 【学園前(奈良市)3月8日(金)・9日(土)】心が満たされる美味しい発見!パラディ学園前でこだわりの逸品が集結した特別なマルシェを開催!


  • 奈良県初!?23日は「ロボット×ガチャ」を体験! 21(水)~25(日)inひがしむき商店街


  • 【奈良バレンタイン2024】甘酸っぱい小さなラムネと濃厚ガナッシュの出会い。「リリオンテ」から新作ショコネ登場!