生駒市ライフ生活
ぱーぷる編集部

奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】

知ってほしい、不妊と鍼灸


奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】

晩婚化の影響や生活スタイルの変化により、妊娠するのが難しくなっている昨今。
2015年に厚生労働省が調査した結果によると、5.5組に1組は不妊治療を受けた経験があるそう。

病院での治療はもちろんですが、鍼灸による不妊の効果も実証されています。

奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】

生駒市『こも池鍼灸院』菰池 敦(こもいけ あつし)先生


今回、生駒市東松ヶ丘にある鍼灸院『こも池鍼灸院』の菰池先生に、鍼灸による不妊治療について詳しくお話をお伺いしました!

不妊と鍼灸


━今まで延べ1万人以上の方々を診てきたということですが、どうして鍼灸が不妊に効くのですか?

菰池先生(以下、菰池)
「不妊の原因のひとつとして、からだの冷えがあります。
鍼灸はツボに鍼やお灸で刺激をして血流の滞りを取り除き、血の巡りをよくすることで冷えを改善して、妊娠しやすいからだに変えていくことができるからです。

血流改善という面で言うと、鍼灸は肩こりや頭痛、ぎっくり腰さらには花粉症などにも効果があるとされています。
鍼灸というのは、からだ全身の調子をよくするためのメンテナンスなんです。」

━鍼灸(東洋医学)と不妊クリニック(西洋医学)との違いはどういったところにあるのでしょうか?

菰池
「不妊クリニックでは、子宮や卵巣などからだの部分ごとに治療することが一般的ですが、鍼灸はからだ全体をひとつとしてみて治療を行います。

そのため、クリニックでは判らなかった問題点が判ることがあります。
また、違うアプローチで妊娠しやすいからだにしていくことから、妊娠しにくい人や高度生殖医療をされている人などは、クリニックと鍼灸を併用される方もおられます。」
奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】
━血流をよくすることで、具体的にどんな変化がからだに起こるんですか?

菰池
「例えば、ホルモンバランスの乱れにより黄体ホルモンが減少して、卵胞の育ちが悪くなってしまうことがあります。
血流の改善を行うことで、自律神経の乱れを正し、ホルモンバランスが整えられ、妊娠しやすいからだに変わります。」
奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】
━よく「健康のためにホルモンバランスを整えよう」と言いますね。
鍼治療と聞くと、痛いというイメージがあるのですが・・・。


菰池
「鍼と聞くと音の響きから、鋭く触れたら痛いもの、と感じてしまいますよね。

一般的に使用される鍼は、髪の毛よりも細い鍼で肌に刺しますが、人によっては少し痛みを感じるかもしれません。
しかし、てい鍼と言って、肌に刺さない鍼もあります。
これなら痛みを感じることはありませんので、痛みが苦手な方にも安心して受けていただけると思います。」
奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】
お灸は肌にくっつくので、やけどの心配はなく、弱っている部分をポカポカと元気に!

━痛くないんですね!それを聞いて安心しました。
ちなみに、どのような年齢・タイミングで鍼灸治療を受けるのがベストなんですか?


菰池
「特にベストタイミングというものはないですね。
不妊治療をしたいと思った時に来て欲しいです。

実はからだの一部分が冷えているなど、自分では気づかないからだの不調が起こっていることもあるんです。
10年近く悩んでいた不妊が、鍼灸を受け続けることで妊娠したという声も。
不妊だけでなく、ちょっとしたからだの不調も気になることがあれば、ぜひご相談して欲しいですね。」

不妊は誰にでも起こりうること。
不妊の原因の約3割は病院で検査をしても原因が判らない、原因不明の不妊だと言われています。
悩んだ際には、鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか。

取材協力 こも池鍼灸院(HP https://Komoike.jp)
奈良で不妊に悩む貴女も、鍼灸で授かるからだに【こも池鍼灸院/生駒市】

施術の前に、まずはカウンセリングから!

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 【動画あり】帝塚山大学生が考案「大和野菜でおうちメシ」( ひもとうがらしの鶏チリ丼編)をご紹介!


  • 【総合探偵社ガルエージェンシー/奈良県】トラブル・調査依頼ならおまかせ!信頼と実績の探偵社


  • <連載>『女子のNEW STANDARD』vol.4:月経前の不快な症状は治療できる!?


  • <連載>『女子のNEW STANDARD』vol.3:月経前も憂鬱・・「月経前症候群(PMS)」で悩む女性が増えています


  • ヤクルトスタッフで”私らしく”働く


  • <連載>『女子のNEW STANDARD』vol.2:女性のみなさん、子宮頸がん検診受けていますか?