その他県外
2021/08/25 10:19

【速報】智辯学園がヴァデルナ・フェルガス投手を攻略!小畠投手が9回1失点で完投勝利

小畠投手が9回1失点の好投


2021年8月25日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で第103回全国高校野球選手権大会、大会12日目3回戦が行われ、奈良県代表の智辯学園が山梨県代表の日本航空に7-1で勝利した。

1回裏、日本航空はノーアウトからレフトへのヒットでランナーを出すと、盗塁、進塁打で1アウトランナー3塁。
3番エドポロケイン選手のサードゴロの間に3塁ランナー久次米が本塁生還。日本航空が1点を先制する。

智辯学園は技巧派ヴァデルナ・フェルガス投手に苦しめられるが、6回表に反撃を開始。
今日1番に入った垪和拓海選手の二塁打などでノーアウト満塁のチャンスを作ると、4番の山下陽輔選手のゲッツーの間に1点を返して同点。
続く5番森田空選手はサードゴロだったが、相手の送球が乱れて1塁セーフ。逆転に成功し2-1と智辯学園がリードする。

7回表にも智辯学園は、1アウトから竹村日向選手がセンター前のヒットで塁に出ると、ボークで2塁へ。1番垪和選手のレフトへのタイムリーヒットで3-1とリードを広げる。

8回裏に智辯学園はノーアウトランナー1、2塁のピンチを迎えるが、8番山本竜毅選手をゲッツー、代打の中西海都選手を三振に抑えて、ここも点を与えず。

9回表には前川選手の2試合連続となるホームラン、植垣洸選手の2点タイムリーなどで7-1と突き放す。

投げては小畠一心投手が初回に点を与えたが、あとはほぼ完ぺきなピッチングで日本航空高校を96球投げて、9回被安打3、1失点に抑えて勝利した。

https://par-ple.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 『ナラタテ』に行ってみた!①【住宅会社選びに、工務店という選択肢を】


  • 【住宅相談会】堅実派はまずはココから!8月開催の住宅イベントまとめ vol.2


  • 【住宅見学会】新築・リフォーム・モデルハウスが勢ぞろい!8月開催の住宅イベントまとめ vol.1


  • 【高校野球 夏】優勝経験は?最多出場回数は智辯学園?天理高校?奈良県の甲子園出場チームと成績


  • もうすぐ夏休み!7月開催予定の住宅イベント vol.3


  • 【住宅見学会まとめ】夏到来!7月開催予定の住宅イベント vol.1