その他県外

【高校野球 2021夏】奈良代表の智辯学園がつなぎの打線で完勝!次戦は8月21日に横浜高校と対戦

智辯学園が倉敷商に10-3で勝利!


2021年8月11日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で第103回全国高校野球選手権大会、大会2日目1回戦が行われ、奈良県代表の智辯学園が岡山県代表の倉敷商に10-3で勝利。1回戦を突破した。

4回表 先頭の3番前川君がセカンドへの内野安打で1塁に出ると、4番山下君がレフトへのフェンス直撃のタイムリーツーベースで先制。ランナーは3塁へ。
5番植垣君は三振に倒れるも、6番三垣君は死球で1塁へ。
ランナー1、3塁のチャンスを作ると、7番森田君のスクイズで1点を追加。この回、智辯学園が2点を先制する。

5回表、先頭の西村君がライトへのヒットで出塁すると、1番の岡島君がレフトへのツーベースヒット。
ランナー1、3塁とすると、2番谷口君は四球でランナーに出て、ノーアウト満塁。
3番前川君はしっかりボール球を見極めて死球を誘い、押し出しで1点を追加し3-0。
4番山下君はサードの好守備で倒れるも、5番植垣君のライト前ヒット、6番三垣君のセンター前ヒット、7番森田君のスクイズで一挙5点を追加。7-0と突き放す。

7回にも今日2つのスクイズを決めている森田君のタイムリーなどで10-0とする。

投げてはエースの西村君が8回を6安打無失点に抑える好投。

投打で圧倒し、初戦を制した。次は大会8日目の8月21日(木)15時半~、広島新庄にサヨナラ勝ちした横浜高校と対戦する。

https://par-ple.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • トリュフのようなさつま揚げ!今年はちょっと変わったバレンタインデーに【魚万/奈良市】


  • 近畿大学附属幼稚園ってどんなところ?


  • 編集部H。ガスの契約会社を切り替えて、「2年11か月で32,310円節約する。」


  • 【高校サッカー】五條が一条を何とか振り切る!


  • 【高校サッカー】山辺連覇ならず!奈良育英が3-0で決勝進出


  • 【動画あり】帝塚山大学生が考案「大和野菜でおうちメシ」( ひもとうがらしの鶏チリ丼編)をご紹介!