橿原市

【高校野球夏/奈良県大会2021】天理登場!7回コールド勝ちで初戦を突破(7月14日 大会5日目結果)

森田選手が好投を見せ白星発進!


7月14日、第103回全国高校野球選手権奈良大会は大会5日目のカードが行われた。

橿原市の佐藤薬品スタジアムで2回戦2試合が行われ、シード校の『天理』『畝傍』が勝ち上がった。

第1試合、奈良朱雀・奈良商工-天理は、天理が2回に石本選手が先制点をあげると、5回にも石本選手のタイムリーヒットで追加点をあげて2-0と差を広げる。
続く6回には瀬選手の本塁打で4点差に突き放し、7回にも追加点をあげてコールド勝ち。

投げては天理の左腕・森田選手が快投を見せ、初戦突破。次戦は順当にいけば、19日9時から大和広陵と対戦する。

畝傍も初戦突破


畝傍は1回に4点を先制すると、2回にも1点をあげて5-0。
4回表、高取国際は2アウト満塁から内野安打で1点を返すのがやっと。
畝傍はその後も追加点を入れて、7-1で勝利した。

【大会5日目】
奈良朱雀・奈良商工 0-7× 天理
高取国際 1-7 畝傍

https://par-ple.jp/news/202107koukouyakixyuunarataikai4/

https://par-ple.jp

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • トゥクトゥクに乗れる!?奈良県でのお部屋探しが楽しいお店発見!


  • <連載>『女子のNEW STANDARD』vol.6:詳しく知りたい「不妊検査」と「不妊治療」


  • 【2021年】奈良のカフェ3選


  • 【2022年】奈良の初詣特集


  • 編集部H。ガスの契約会社を切り替えて、「2年11か月で32,310円節約する。」


  • 【2021年】奈良県のグルメ新店舗まとめ②