自然・景勝地・夜景おでかけ桜井市宇陀市
2021/03/27 01:00

【奈良の桜名所2021/大神神社(3月下旬~4月中旬見頃)/桜井市】「大美和の杜展望台」から一望する桜越しの絶景

大神神社はどんな桜スポット?


三輪山そのものをご神体とする、日本最古の神社『大神神社』。

境内全体に複数種の桜が点在しているため、長い期間にわたりお花見を楽しむことができる。とくに大美和の杜(おおみわのもり)東屋周辺に咲くヤマザクラは、桜本来の素朴な美しさを見せる。

拝殿の北西側に位置する小高い丘が展望スポットとして整備されていて、この「大美和の杜展望台」からの眺めは必見。大神神社の大鳥居・大和三山・二上山・葛城山系が眼前に広がり、東側には御神体の三輪山を間近に見ることができる。

展望台周辺はアーチ状の枝垂れ桜をはじめ桜にぐるりと囲まれており、満開時には夢のような光景となる。数メートル程度の誰でも登れる丘なので、ぜひ足を伸ばしてみよう。

おすすめのお花見ポイントは?


ウォーキングコースとして人気の「山の辺の道」は、ここ大神神社から天理市の石上神宮までを結ぶ16km程の道のり。石上神宮も桜名所として有名で、外苑では夜桜のライトアップも行っている。

よく晴れた日に大神神社で大和三山一望の景色と桜を愛で、奈良らしいのどかな風景が続く「山の辺の道」を歩き、石上神宮に到着して夜桜を楽しむというお花見コースもおすすめ!

ウォーキングコースとして人気の「山の辺の道」は、ここ大神神社から天理市の石上神宮までを結ぶ16km程の道のり。石上神宮も桜名所として有名で、外苑では夜桜のライトアップも行っている。

よく晴れた日に大神神社で大和三山一望の景色と桜を愛で、奈良らしいのどかな風景が続く「山の辺の道」を歩き、石上神宮に到着して夜桜を楽しむというお花見コースもおすすめ!

お花見情報


▷例年の見頃
3月下旬~4月中旬

▷ライトアップ
なし

▷イベント
なし

▷鑑賞時間
終日

▷料金
無料

▷桜の本数
約100本

▷桜の種類
ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラ

▷飲食
不可

▷売店(屋台)
なし

▷ビール/日本酒販売
なし

▷近隣にコンビニ
なし

▷公衆トイレ
あり

▷場所取り
不可

▷ペット同伴
不可

アクセス・駐車場


▷交通アクセス
JR三輪駅より、徒歩約5分

▷駐車場
590台(無料)

▷交通アクセス
JR三輪駅より、徒歩約5分

▷駐車場
400台(無料)

https://par-ple.jp/gourmet/?area%5B%5D=sakurai-uda

https://par-ple.jp/

大神神社(おおみわじんじゃ)

  • 住所/奈良県桜井市三輪1422
  • 電話/0744-42-6633
  • 営業時間/
  • 定休日/無
  • 駐車場/なし
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 藤原宮跡の秋の風物詩!一面に広がる300万本のコスモス【秋の花2022|藤原宮跡|橿原市】


  • 15種類、約15万本ものコスモスが咲き乱れる「コスモス寺」【秋の花2022|般若寺|奈良市】


  • 秋風に揺れるコスモスを楽しみながら迷路に挑戦しよう【秋の花2022|安倍文殊院|桜井市】


  • 池に映る紅葉が美しい、歴史残る自然公園【紅葉2021/鳥見山公園/宇陀市】


  • 静かな水面に映る幻想的な「逆さ紅葉」が美しい【紅葉2021/等彌神社(とみじんじゃ)/桜井市】


  • 古刹の幻想的なライトアップは必見!【紅葉2021/室生寺/宇陀市】